成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーミン520英語版.....



この度、やって来たガーミン520。
20161031 01

もちろん、英語版です。


そろそろ今のガーミン500から3年たったし、

進化している機器も使ってみたいねえと考えていて、ここにきてエイやと決断。

ケイデンスセンサーやら、ハートレートセンサーはあるので本体のみで検索。

最初は日本語版を見ておりましたが、お値段34.000円から。

34.000円は高いねえ、とふらふらと海外サイトを見ていて

行きついたのが「エバンス・サイクル」というイギリスの通販サイト。


500は英語版を使っていて、各項目の単語はなんとなくわかりますし、

520も英語版でもいいんじゃね、と思いましてね。




3年前にガーミン500を購入した時にはスペインのbikeinnというサイトで

その当時はケイデンス・ハートレートセンサーフルセットで21.991円。


それから3年後の2016年のガーミン520の購入価格。
20161031 02


配送料込みでもガーミン500よりも安いって言うねww

配送料1000円は海の向こうから航空便でやってくると考えれば安いのかな。




このガーミンを見つけたのが10月26日 水曜日。

注文してから発行された追跡番号で追跡開始。

当初の予定は10月31日到着だよ、となっていたのが

DHLと佐川急便によって29日に届くことに。

イギリスからドイツを経由して中国へ。

それから日本に入って来てと、注文して3日後に届きました。
20161031 03


20161031 04



単体モデルなので梱包物は簡単。
20161031 05


充電ケーブル、ストラップにマウントが数種類。



何気に嬉しいのが純正のマウントがある事。
20161031 06


ガーミン純正マウントは以外と高いんですよ。



そんな純正以外のマウントを取り付けた今のハンドル回り。
20161031 07


今のサイコンはガーミン500とボントレガーサイコンのツートップ。

スピード表示はボントレガーのサイコンが字が大きくて便利でしてね。


しかし、今回のガーミン520は解像度も上がって文字も見やすいとのこと。

そしてマウントの取り付け位置も逆になるので、ボンレガーサイコンを外さないと

マウントが取り付けられません。

20161031 08

20161031 09




これで完成と。
20161031 10



取り外したボンレガーサイコンと旧マウントは

年末まで暫くお休みして頂きましょうか。




さて、初試走はいずこへ。







一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。