成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

持っていく物、予行演習.....



今日の晩飯。
20160516 01

もやしと肉をゆでたものw

しかし、空腹に耐えかねて、この後に炭水化物を少々食べるww

うーん、まだまだだな......






ワタクシ、バックパックと呼ばれるものは2種類持っています。


バッグその1
20160516 02

ドイター10リットル。

3年半前に購入して、イベントや、輪行の時に活躍してきたバックパック。

但し、容量が小さいので持っていくものはシビアに厳選。



バッグその2
20160516 03


ドイターバイクone 容量20リットル。

去年の9月、赤城山ヒルクラの前に購入。

10リットルバッグと比べて容量は倍なので、アレコレつめ放題。



このバッグ2種類をなのですが、、

イベントに出かけていくと、どうしても持って行くものを厳選しなければなりません。

そして、イベントに出ると貰える参加賞や小冊子の数々。
20160516 04


特に榛名山ヒルクライムはわさわさと色々貰えるものでしてね。

小さいバッグではどうしても厳しい。


持って行く物を一覧化すると.....

・半袖ジャージ

・ビブショーツ

・半袖インナー

・グローブ

・大事な腹巻

・ガーミン

・心拍計とバンド

・ボトル

・ソックス

・シューズ

・お財布類(カード、小銭)

・救急キット(何かの時のお薬ね)

・ツールボトル

・参加証の封筒

・スマホ/カメラ




これにロードハイクとヘルメットがinした輪行袋を担いで、私服を着て普通のクツを履く。

受付をしたら参加賞の類がわちゃっと増える。

そして大会当日の朝のバッグの中。

・前日の私服上下一式

・輪行袋一式

・普通のクツ

・参加賞や小冊子。

・自転車から取り外したツールボトル


土曜日に現地へ行くとき問題ないのですが、大会当日の日曜日が問題。

これを全て10リットルにぶっこむのは、かなり難しい作業です。

バッグが、ぱつん、ぱつんになって記録証すら四つ折にしないと入らないかも。



去年までのハルヒルは、当日早朝に使わない物を宅配便で自宅へ送って

身軽になっていたのですが、だったらデカいバッグ一つあればええやん、となりましてね。



一応、日曜日の朝の事を考えて考えて20リットルに詰め込んで予行演習を開始。
20160516 05



そしてゴール地点まで送る袋も入れるテストも去年の袋に詰め込んでやってみる。
20160516 06

20160516 07


バッグの中に余裕も有るし、袋にもばっちり入るから問題クリアと。

これで、アレを買って入れるスペースも大丈夫やね。



アレ!www
20160516 08












一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://higirisan.blog.fc2.com/tb.php/743-157bbed7
該当の記事は見つかりませんでした。