成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながらにドマーネ5の感想なんぞを.....



ちょっと気の早い暑気払い第1回目。
20160512 01

あと何回暑気払いをやるのかなww


ビールを飲みまくり(ハルヒル間近なのに)
20160512 02


肉を食いまくり(ハルヒル間近なのに)
20160512 03



ハルヒルまで2週間を切った、そんな平日........








2016年1月23日にやって来たニューマシン。
20160512 04

20160512 05

TREK Domane5 2016年モデル(フレームセットにコンポ乗換)+アイオロス5ホイール。

やって来た早々に脚を痛めて1ヶ月乗れなくなり、

フィッテングサービスを受け、ホイールバランスも取ったのに

その後に1ヵ月半は仕事が忙しくなり、ろくすっぽ乗れずじまい。

まともに乗り始めたのが今年4月中盤からという体たらくぶりを発揮ww

乗った感想はちょいちょいと書いていましたが、ここらでキチンと感想を



1.やっぱりカーボンフレームって軽いな!
20160512 06

”今更、何を言っとるんだ”と思うのですが、自分には初めてのカーボンフレーム。

はっきりとその効果が分かったのは上りの時。

今まではアルミバイクだったのですが、やっぱりカーボンフレームの上りは軽いです。


輪行の時も、その軽さを実感。

階段を上り下りする際にも軽いとラクですよ。




2.重心が低く、ホイールベースが長い

ドマーネは重心が低いので、安定感は抜群です。

一般的に重心が低いほど、地を這うように進む事が可能です。

そしてタイヤとタイヤの間=ホイールベースが長いほど”どストレート向き”です

但し、下りではコーナーリングのライン取りに注意しないと

ホイールベースが長いと言う事は、自分の想像したラインからアウトに膨らんで

曲がってしまうので要注意です。





3.Isoスピードシステムは万能じゃない。
20160512 07


衝撃を”マイルド”にしてくれる「Isoスピードシステム」

確かに、以前のアルミバイクから比較すると振動は大きく減りました。

多少の凸凹であれば、体に掛かる衝撃は少なくなりました。


但し、マイルドにしてくれるだけで完全に振動がなくなるわけではありません。

調子に乗って、でこぼこ道を走っているとお尻が大変な事になりますからww





番外編.アイオロス5ホイールはGood!!
20160512 08

リムハイト50mmの初めて導入したカーボン・ディープリム・ホイール。

旧型モデルと比較してデザインが真っ黒になってしまいましたが、それ以外では大きく進化。


まずはラチェットの歯車数がアップ。

これにより、スタート時の掛かりがよくなって、とっても進みやすい。

まあ、ガシガシ漕いでヒザがおかしくなってしまったのですが....


そして軽い!

上りでは軽い事は正義なのですが、このホイールはデュラC24と比較しても80g程重いだけ。

榛名山、渋峠、先日の奥多摩・飯能の山ぐるぐるコースもヘロヘロになりつつも

走りきりましたしね。



とまあ、おおざっぱに書いたわけですが.....

アルミバイクのマドンもいいかな、と思っておりまして.....

20160512 09

夏まで、がまん、がまん。






一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://higirisan.blog.fc2.com/tb.php/739-9ac214f8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。