成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

峠越え7連発は雨と霧と悪路と....



東京から秩父まで峠を3つ越えて来ました。

1.笹仁田峠・・標高181m
2.山王峠・・・標高250m
3.山伏峠・・・標高606m


さて、そろそろ東京へUターンしましょうか。

帰宅ルートは7本の峠越えです。

1.定峰峠・・・標高613m
2.白石峠・・・標高761m
3.高篠峠・・・標高748m
4.大野峠・・・標高855m
5.刈場坂峠・・標高818m
6.飯盛峠・・・標高778m
7.顔振峠・・・標高497m

通称、奥武蔵グリーンラインです。

補給食ゼリーを2つと、ボトルの水1リットルで戦いに挑みます。


まずは定峰峠へと生活道路をのんびりと走ります。
20140908 01

そして、道幅が狭くなり、いよいよ山道の入口に。
20140908 02


と同時に景色が一変、一気に山道になりました。
20140908 03


調子よく、くるくると回していると....あ.....

左太ももがヘンだ、やばい、やばい、これ.....

ピキーン...左足太ももを攣りました(ToT)/~~~
20140908 04

15分程、マッサージ、ストレッチ、ボトルの水を掛けてよくほぐします。

最近、脚を攣るコトが多いような気が.....

夏の東京湾一周ライドも脚を攣りましたし。

モミモミとマッサージしながら、ふと右手を見ると定峰峠まで7kmの表示。
20140908 05

まあ、7km程でしたらなんとかなるでしょう。

でも、これでアウター縛りは断念。流石に脚攣りしたあとでのアウター縛りは苦しすぎます。

ここからは、おとなしくインナーに落として進みましょうか。
20140908 06


定峰峠は標高613m。秩父が標高200mほどなので約400m程の上りです。

それでも景色だけはいい眺めなので、上ってきたことは自覚しますが。
20140908 07

引き続きくるくると....
20140908 08


この道路ですが、自転車乗りはあまり見かけませんがバイク乗りがとても多いです。

50ccのスクーターから大型バイクまでよく走ってますね。

まあ、道路が狭いので事故にだけは注意して走ってね。


この峠道、路面状態も悪くなく斜度もそこまで険しくなく、脚攣り場所からは

休憩無しで7km走ると、急に景色が開けた!
20140908 09


そして、まず1つめの峠制圧!

「定峰峠」 標高613m
20140908 10

頂上はバイカーでいっぱいです。自転車乗りが誰もいねえ(;一_一)

ボトルの水を飲んで写真を撮ったら次の白石峠に向けて直ぐに出発です。

ところが、だんだんと路面状態が悪くなる。

舗装は一部剥がれていたりとか、ヒビ割れになっていたりとか。
20140908 11


そして、恐れていたコトが起きました。

ここで「雨」が降り出しました。
20140908 12

ちょっと早いんじゃな~い、と思いつつも山の天気だから仕方ないよね。

ポツポツ雨ですし、今は夏ですからまあ大丈夫と言い聞かせて白石峠まで行きますよ。


そして定峰峠から約20分後。

2つめの峠制圧!

「白石峠」 標高761m
20140908 13

流石に雨足が強くなってきました。

峠で移動販売をしていたワゴン車もあたふたと片付けをするほどに

しかし、走らないと帰れません。


さあ、いくぞ.....でも行きたくねえなあ(;一_一)
20140908 14

次の峠は高篠峠748m。

もう路面はフルウェットです、ジャージは雨水たっぷりです。

そんな坂を上り、
20140908 15


まだ上って.....
20140908 16


3つめの峠制圧!

「高篠峠」 標高748m
20140908 17


さて次は大野峠を目指します。

しかし、雨足が強くなってきました。

ここから写真もなくなります。

もう叩きつける雨、ゲリラ豪雨です。

いたい、いたい.....雨つぶが顔にビシバシと

そしてアイウェアも雨粒と曇って前が良く見えません。

普段、めがねをかけているコトもあり、アイウェアも度付きなため

外して走る事もできません。


そして、寒いぞ(ToT)/~~~

この峠越えライド、上りっぱなしではなく途中には下りも出てきます。

なんか寒さを感じます。雨に打たれて体が冷えてきました。


そして、下りということは普通ならかっとんで?いけるはずですが

豪雨のダウンヒルで、そんなコトはできません。

おまけに路面は流れる雨水と、土、ドロ、木の枝、葉っぱと凄いことになってます。


両腕は常時ブレーキかけっぱなし、時速15kmのダウンヒル......

リムがしゅ~しゅ~と音立ててます。



そして、4つめの峠制圧!

「大野峠」 標高855m
20140908 18

カメラレンズも水滴がついて、写真が曇ってます....(;一_一)

いやあ、こりゃ厳しいわ。

峠だけならまだしも、雨も加わった峠ライドです。

もう事故だけには絶対注意のライドにしないと。


さて次は刈場坂峠、標高818mへと向かいましょうか。
20140908 19

天気は完全に雨模様。山も霧がかかってますしね。
20140908 20

それでも、漕がないと帰れません。

少なくとも文明のある場所までは下りていかないと。
20140908 21


そして道なりに進んでいくと、出てきた標識。

七曲り峠・・標高800m
20140908 22


この峠はルート作成時にも明記してなかった峠です。

ま、いっか。峠越え7本から8本に追加っと。

そして5つめの峠制圧!

「七曲り峠」 標高800m
20140908 23



さて今度こそは、刈場坂峠に向かって進みましょうか。

と思ったら霧も出てきました。
20140908 24


雨は降るし、路面状態はボロボロだし、

なんか俺のチャレンジみたいになってきました。

そして刈場坂峠へ無事到着。
20140908 25



6つめの峠制圧!

「刈場坂峠」 標高818m
20140908 26


この時点でスタートから112km、時間は15時前です。

行きはヨイヨイ、帰りはコワイ.......

残す峠はあと2つ。

そして自宅まであと80km........

自転車はここまで走ってきてドロドロになりつつあります。
20140908 27

ここまで酷い雨中ライドは経験がありません。

でも.....進まないと帰れんしな.....

麓まで下りれば雨も止むだろうし。

さあ、残り2つの峠を越えて家に帰るか。




一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

とりにく says...""
もう読んでるだけで寒い!つらい!こわい!
こんなに問題てんこ盛りで、よくぞご無事で。
HIGIRIさん泣かなかったですか…うぐぐ。

ああ〜でもガスってても雰囲気があって景色のいい道路だなあ…
2014.09.08 23:35 | URL | #- [edit]
スカイロード says...""
土砂降りのヒルクライム&ダウンヒルは過酷でしたねΣ(゚д゚lll)

風邪などひいていないでしょうか心配です。
2014.09.09 06:05 | URL | #- [edit]
HIGIRI says..."Re: タイトルなし"
とりにくさま

今回はとにかく辛すぎるライド( ̄▽ ̄;)

ここだけのハナシとして、自転車放り出して帰ろうかと思っていたことは事実です。もう心折れまくりですわ.....


> もう読んでるだけで寒い!つらい!こわい!
> こんなに問題てんこ盛りで、よくぞご無事で。
> HIGIRIさん泣かなかったですか…うぐぐ。
>
> ああ〜でもガスってても雰囲気があって景色のいい道路だなあ…
2014.09.09 08:41 | URL | #- [edit]
HIGIRI says..."Re: タイトルなし"
スカイロードさま

ここまでの峠雨ライドは初めてです。
ケガはなかったんですが、色々と後遺症が....

> 土砂降りのヒルクライム&ダウンヒルは過酷でしたねΣ(゚д゚lll)
>
> 風邪などひいていないでしょうか心配です。
2014.09.09 08:43 | URL | #- [edit]
きーぼー says...""
はじめまして!

いつもROM専で拝見してましたが、今回の記事を読んでコメントせずにはいられませんでした。

なんて過酷なライド!!
峠8つに豪雨までついてきて、まさにサバイバルレースの様相ですね。
凄過ぎます(汗)

とにかくお疲れ様でした(^^)

2014.09.09 12:07 | URL | #yYp5wfyI [edit]
keibon says...""
こんばんは。

豪雨の中のヒルクライムとダウンヒルは過酷ですねぇ。
私も豪雨ライドで生きた心地はしませんでしたが、山となれば尚更ですよね。

無理するなと言っても、走らないことには帰れませんしね。

取り合えずば、この記事を書いているHIGIRIさんがいて一安心です。

更に過酷な最終章?楽しみにしときますね。
2014.09.09 18:51 | URL | #- [edit]
HIGIRI says..."Re: タイトルなし"
きーぼーさま。


コメントありがとうございます。

ROM専でも読んで頂いてありがとうございます。


今回ライド、7月ごろから考えていて今回実行に移したのですが、
如何せん、天気が悪すぎました。

晴れていれば、何てことはないライドだったんですが、
この雨には本当に参りました。

なんとかケガもしなかったことだけが救いのライドでした。





> はじめまして!
>
> いつもROM専で拝見してましたが、今回の記事を読んでコメントせずにはいられませんでした。
>
> なんて過酷なライド!!
> 峠8つに豪雨までついてきて、まさにサバイバルレースの様相ですね。
> 凄過ぎます(汗)
>
> とにかくお疲れ様でした(^^)
2014.09.09 22:03 | URL | #- [edit]
HIGIRI says..."Re: タイトルなし"
keibonさま


こんばんは。


途中までは雨ライドも楽しかったんですげとねえ......
寒さを感じてからは、もうダメでした。

まわりは木ばっかりですし、自転車乗っている人はしないし(ToT)/~~~
今回ライドばっかりは、なんで輪行袋持ってこなかったのと、自問するライドでしたよ。

今回で終わるネタでしたが、思いのほか長くなっております。
次回には完結しますよ~


> こんばんは。
>
> 豪雨の中のヒルクライムとダウンヒルは過酷ですねぇ。
> 私も豪雨ライドで生きた心地はしませんでしたが、山となれば尚更ですよね。
>
> 無理するなと言っても、走らないことには帰れませんしね。
>
> 取り合えずば、この記事を書いているHIGIRIさんがいて一安心です。
>
> 更に過酷な最終章?楽しみにしときますね。
2014.09.09 22:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://higirisan.blog.fc2.com/tb.php/297-0caeaf9a
該当の記事は見つかりませんでした。