成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

クロスバイク、メンテナンス終わった.......



さて、それでは残った作業を終わらせますか。

今度は、後輪を取り外しましょう。

タイヤレバーをエイッと差し込みます。

こちらは5分程度で取り外し完了

フロントと同じく、雑巾がけ、リムのやすりがけ.......

そして大事な、スプロケット掃除。
20140212 01

きったね~(ーー;)

残念ながら、スプロケ外しは手元に有りません。

仕方ない、この子の力を借りましょう。
20140212 02

スプロケットの間をゴジゴシ......落ちねえ。

あまりにも強力な汚れがビッシリとこびり付いてます。

仕方ない、必殺技のパーツクリーナー直噴射で汚れを落とす。

シュ~と吹きかけて、ウェスでゴシゴシ。もう一回シュ~と吹きかけてゴシゴシ。

駄目です、ここまでしか落とせない。
20140212 03

スプロケ外しがないので、ばらしての掃除は出来ない....(-_-;)

次回までにスプロケ外しセット買うかね~。

で、リアも32Cのタイヤをはめ込んで完了(^^♪
20140212 04

続いて、フレームを水雑巾でゴシゴシと拭き取って.....

ディレイラーや、ブレーキ、クランクもキレイ、キレイに。
20140212 05

さて、ハンドルとステムをとっかえます。
20140212 06

元々のハンドルは、エンドバーが取り付けられなかったので

新たにNewハンドルを購入して、エンドバーをくっ付けたのですが、

近所のちょい乗り用には不要です。

エンドバーを取り外して、購入時のハンドルに付け替えます。

ステムも前傾姿勢になるように逆に取り付けていたため、
20140212 07

かなりハンドル位置が下になってましたが、これも元通りにします。

ステムのボルトを取り外してスペーサーを抜きます。
20140212 08


この3枚組みのスペーサー、上3枚セット使っていたものを元々の

ステムを挟んで下2枚、上1枚構成にして、ステムも上ハンドルに

なるように取り付けし直します。


エンドバーのボルトを緩めて
20140212 09

エンドバーのキャップを外して
20140212 10

グリップを取り外して
20140212 11

シフターを取り外して、
20140212 13

ハンドルだけに。
20140212 14

で、このハンドルも抜き去ります。
20140212 15

続いてステムも取り外し
20140212 16

この格好じゃ、流石に自転車には乗れませんね。


で、スペーサーを2枚入れて、
20140212 17

ステムを正しい向きにセット
20140212 18

ステムが真っ直ぐセットされているか、レーザー水準器...

じゃなくて、「眼ーザー水準器」で確認します。

.......目視ですがな。
20140212 19

よし、まっすぐだな。
20140212 20


このハンドルに付け替えて、シフターを入れて、グリップを入れて。
20140212 21


各ボルトを”テルクレンチ”で固定。

あとは、Vブレーキの調整を。

23Cから32Cへ変わった事により、タイヤの幅は太くなりました。

そのため、ブレーキシューを調整をしないとリムにシューが当たりまくりです。

チェーンを取り付けます。

でろでろ~と合わせていって
20140212 22

ミッシングリンクでパチッと取り付けます。
20140212 23

あとは、チェーンオイルと駆動部へのオイルと...これで完成と(^^♪
20140212 24


早速、近所を試し乗り。

おおっ、32Cってこんなにタイヤ太かったんだ。


やっぱり、ロードバイクとは全然違いますながな......

とっても街乗り仕様のクロスバイクになりました。


けどなあ、週末、ロードバイク乗りてえじょ!.....(;O;)


一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://higirisan.blog.fc2.com/tb.php/117-03874989
該当の記事は見つかりませんでした。