FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

斜度が、標高がおかしい、ガーミンからのお告げ?.....




何を思ったか、距離は短く、獲得標高は高いコースを走ることに。

岡山県北部の山の中をぐるぐると走りに向けて出発。
20190721 01




そして出発後の最初にして最後の補給ポイントの道の駅へ。

ここだと軽食は売っていますので、購入して直ぐに補給も可能。
20190721 02


「やっぱりここは、アンパンだね」と餡子を頬張ります。

この先にも補給ポイントは「ある」のですが、如何せん良く知らないのですw


今日は、ここを起点にぐるぐると回っていきます。
20190721 03


国道・林道・県道・林道・国道・林道・国道と国と県と林の道路を走ります。

オプションとして鳥取県との県境の辰巳峠に向かうルートも入れました。

余計なオプションだったな。




暫く国道を走っていくと、林道への入口が現れました。
20190721 04



ここから大規模林道の合流場所まで約3km、標高差251m、平均斜度9%を上ります....
20190721 05



いや.....

なんか........

苦しいぞ。

どうみても、斜度が10%以上をえっちらほっちら上って行きます。

時折、13%とかも現れる強敵です。

写真なんぞ、撮ってる余裕はこれっぽっちもありません。


しかし、そんな斜度でもガーミンは斜度1%とか、

斜度0%と表示してくれて、斜度は無いよと言ってくれるとっても優しいガーミンです。

ぶっ壊すぞww




そして、大規模林道への合流近くで、やっと斜度が落ち着きました。
20190721 06



10%越えをひたすら漕ぎ続けてきたので、流石にひと休憩。

そして、ガーミンの高度計を見ておかしな事に気付きました。
20190721 07


標高815m。

いやいや、標高がおかしいでしょ。

前回の初めての鳥取県の峠が標高740m。

ここは、そこよりも標高の低い場所のはず。

斜度に続いて標高も狂いだしたガーミン。

ぶっ壊すぞww



おかしい、おかしいと思いつつも大規模林道へと合流。
20190721 08

ここを右に行けば、先日の初めての鳥取県の人形峠。

今回は左へと進みます。

この林道、最高地点の930m地点までは更に3km程上り続けます。
20190721 09

この林道に合流するまでの上りと比べたら、斜度も緩やかで5%ほどです。

鼻歌もんの上りですよ。

.......ガーミンが狂っていなければww



そのガーミンの高度を見ると、980mを越えています。
20190721 10


え~......どこ走ってるんだろう?
20190721 11

ホントに岡山県を走っているか不安になってきました。

気付いたら、群馬県の山の中でした、だったら面白いのかもしれませんがww




その後もガーミンの高度計は上がり続けて1.000mを越えることに。
20190721 12


岡山県の道路最高地点は東側の兵庫県との県境付近の

ダルガ峰にある林道付近で標高1.000mちょい越えの場所です。

今走っている場所は高くても920m程で、1.000mを越える事はないのです。

何かがおかしいぞ。




そして、今回のルートで2番目に高い場所へと到着。
20190721 13

ここの標高は約930m。

しかし、ガーミンは1.018mとウソを付いておりますww
20190721 14


標高930mからの眺め。
20190721 15

雲が掛かっていて、周囲は草だらけでお世辞にも良い眺めではありませんね。



そして、"自転車を置いたまま動かすことなく"

色々と撮影したり、景色を見ておりました。



さて、行こうと思ってガーミンを見ると標高が2mアップしておりました.....
20190721 16


これは、どうなっているのかな?

何も動かさないで、標高がアップするとは。

もしかすると、これは距離は短く、獲得標高の高いコースは

走るなと言うガーミンのお告げなのかな。





続きます。






一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。