FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

はじめまして鳥取県。岡山からロードバイクで行ってみた.....




転職活動、面接が来週に決まりました。

履歴書の趣味に書いた事は

「健康・体力維持で始めた自転車(ロードバイク)に

 乗る事が好きで」と書いたのだが間違っちゃいないよねww





峠と呼ばれるところに行ってきました。

場所はここ。
20190714 01

人形(にんぎょう)峠と呼ばれる所です。

岡山県と鳥取県を結ぶ国道179号線の県境にある中国山地の峠で標高740m。

この人形峠は、その昔に「日本昔ばなし」の物語にも出たらしい峠。

かっては天然ウランの採掘や精錬が行われていた事もあって、

日本原子力研究開発機構の建物があります。


国道179号線を一路北上開始。
20190714 02



途中で温泉地の道の駅に立ち寄って補給をすることに。
20190714 03

20190714 04





この国道179号線をひたすら漕いでいけば、峠へたどり着けるのですが、

都市部の国道と違って交通量が少なく、なかなか走りやすいのです。

但し、補給箇所が限定されると言うことがネックなのですが.....


スタートしたときは晴れて天気もよかったにも関わらず、

進んでいくと、どうも雲行きが怪しいことに。
20190714 05


雨は降っていないので路面は乾いているのですが、

途中で雨が降ったら大人しくUターン、と考えつつも

せっかくここまで来たので、楽しまないと。


そして、国道482号線への分岐路へ。
20190714 06


ここを右に曲がると観光地の恩原(おんばら)高原、

鳥取県へ向かう辰巳峠にも行く事ができます。

今回の目的地は辰巳峠ではなく、人形峠なのでここはスルーして進むと....



人形峠への入口が見えてきました。
20190714 07


20190714 08


ここを右に曲がれば人形峠、真っ直ぐ進むと国道179号線のトンネルへ。

昔々は、この峠道が正式な国道でしたが、峠を貫くトンネルが出来てからは

町道になって、交通量も激減して走りやすい道になっているそうです。


が、路面が濡れています。

気温もスタート地点は28度だったのが、23度ぐらいになりましたが、

雨が降っているわけでもないので、先に進みます。



そんな入口手前で見た不吉な工事予告。
20190714 09

そんな今日は7月6日なので大丈夫。


この上りルート、岡山県側は高原地帯になっていて

ここに来るまでにユルユルと上って来て、峠までもユルユルとした上りです。

反対に鳥取県側はガツン下るらしい.......


正直、景観は何もありませんww

両側を木々に囲まれてているので眺望が望めません。

それよりも心配したのがクマ。

岡山県でもクマが出没する事があるよ、と聞いていたので

チリンチリンさせながら周囲を見渡しながら上ることに。



そして、ユルユルと上っていくと工事予告の現場と思わしき場所に。
20190714 10


20190714 11


ガードレールの下を除いてみると、道路ががっつり崩れとります。

これは通行止めも仕方ない。



途中、霧雨となりつつものんびりと上っていくと

視界が開けて建物が見えてきました。
20190714 12



展示館前でひと休憩。
20190714 13


この展示館、既に閉館となっていますが、

自販機はしっかりと稼働していて、1本100円の良心的な価格。

隣にある展示館は開館しているようです。
20190714 14


人っ子ひとり、見当たらないのですがww



そして、お目当ての県境へと行くことに。
20190714 15

県境標識が草で隠れていますが間違いなく鳥取県です。


因みにもう一枚の看板前でも。
20190714 16

バイクが草に覆われるなww


岡山県側から見た鳥取県。
20190714 17


鳥取県側から見た岡山県。
20190714 18

山の中だという事だけはよく判ります。

因みに街灯などという文明の利器は存在しません。

この峠を越えなさいと言われたら、日中しかやりたくないと思わせる峠ですw



唯一の救いは標高がそんなに高くないと言う事だけです。
20190714 19

標高740m。

それにしても、ここに到着するまでに48mしか降りてなく、

あとは、上り一辺倒なのですが、そんなに苦しくもないかな。


この峠付近からは別場所へと繋がる道路もありましてね。
20190714 20

林道らしい。

但し、この林道は道路状態もよくて、

ここを抜けているローディのブログも何度か見かけたので

そのうち行ってみないとね(絶景ポイントがあるらしい)



そして、霧雨が雨になりつつあったので早めに山を降りることに。

雨の日の下りは気を使いますからね。

滑らないように十分ブレーキを掛けて、

体重を出来る限り後ろ加重にして、ゆっくりと降りていきます。


国道まで降りてきたら空はどんよりしても路面は乾いていました。
20190714 21



更に下っていくと、空は晴れ渡る事に......
20190714 22


行って帰ってくるだけの上りでしたが、

何と言ってもロードバイクで初めての鳥取県と

久しぶりに「峠」と呼ばれる場所に行く事が出来たから良かったのかな......





梅雨さえ終われば、あちこち行きたいんだけど.....








一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。