FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

2013年式のアルミのマドンですが.....




会社を辞めて38日目です。

流石に何かしないといかんな、と思いつつも

未だに腰は動かず、絶賛無職中ww

このまま、どっぷりと動かなかったら引きこもりになるな......







トレック マドン2.3 2013年モデル
20190517 10


最初にやって来た壱号機です。

アルミフレームで当時は10速のモデル。

STI、前後ディレーラー、ブレーキは105。

クランクは多分ティアグラかな。

スプロケは12-30と言う驚きの仕様でした。



その後、アルテグラ11速移植後に

弐号機のドマーネに代わるために一度はバラバラに。
20190517 02


そして、ドマーネを電動化して残ったコンポでもう一度組みなおし。
20190517 01



STIは6800アルテグラ
20190517 03



クランクも6800アルテグラ
20190517 04



前後ディレーラーも6800アルテグラ
20190517 05



ブレーキだけは5700の105
20190517 06



そしてスプロケは6800の11-25。
20190517 07



この11-25スプロケでヒルクラをすると、なかなか楽しいですw

途中で泣きたくなりますww



因みに今のドマーネのスプロケは11速の12-28仕様。

2019年4月に交換した最新式のR8000モデル。



本当はマドンも12-28仕様にしたかったのです.....


その昔、使っていた初代12-30スプロケの歯を曲げるトラブルがありました。

単純にスプロケを締めすぎて歯を曲げたと言うオチですがw



ショップに行ってスプロケを交換した際に、

在庫としてあったスプロケが11-25仕様。

「これでも大丈夫っすよ」と言うショップの方の言葉に不安でしかなかったのですが、

渋峠を残り数100メートルまでアウターで上るくらい大丈夫でしたww


その後、11速化にする際に何も考えないで同じ構成の11-25仕様に。

そして組みなおす時に残っていたコンポで組んで今に至ると......




ここ最近はドマーネ専属マンです。

ドマーネは

カーボンフレーム+アイオロス5カーボンディープリムホイール+11-28スプロケ仕様。


マドンは

アルミフレーム+アルミホイール+11-25スプロケ。



ドマーネはオーバーホール中なので乗るのはマドンしかありません。

そしてこのマドンに乗るのは2018年8月以来、9ヶ月振りです。


何故かネガティプイメージばかりになりましたが、

マドンはやっぱりアルミでもマドンですよ。



ほぼ同じ角度で撮ったドマーネとマドン。
20190517 08


20190517 09


こうしてみると、マドンは前傾姿勢でダウンチューブと

フロントタイヤの間も狭く、フロントフォークもまっ直ぐ伸びて前傾姿勢のモデル。

加速力と、ここぞの時の瞬発力はやっばりマドンなのです。



対してドマーネは、ダウンチューブとフロントタイヤの間が開いていて、

フロントフォークもしなって伸びており、サドルの上に座っていけるタイプ。

どっしりがっしりと座れるのですが、

平地はカーボンのアイオロスホイールと言う飛び道具で走って来たのです。

そして、このホイールは軽いので山でも問題なく進めるのです。


しかし、今回はその飛び道具もなく、

ドマーネと違う前傾姿勢のマドンとアルミホイールと

11-25スプロケで挑みましたが.......






















重いぞ.....(;・∀・)







一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。