FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

瀬戸大橋と瀬戸内海と桜のライドはどうだった?.....




児島半島を県道21号線をぐいぐいと進んでいくと....
20190408 01



鷲羽山展望台の入り口に来ました。


鷲羽山とは鷲が翼を広げた姿に見えることに由来しているといわれていて、

瀬戸内海国立公園に属し、代表的な観光地の一つです。

ここは、瀬戸大橋が出来る前から観光地でしたが、

瀬戸大橋が一望できる展望台があるのです。


こ~んな坂を数100メートル上っていきます...
20190408 02



標高は100メートルちょいですが、海沿いから上ったので上った感はあります。
20190408 021




まず、1枚。
20190408 03


奥に見えるのは斜張橋。

残念ながら、黄砂の影響で霞がかかっておりました.....



瀬戸大橋は四国へ渡る3本の橋で一番最初に全線開通した橋です。

完成は今から31年前の1988年。

道路部は高速道路、下部はJR瀬戸大橋線の2層構造です。



当時は県民上げての大盛り上がりだったのですよ。

完成記念に架橋記念博覧会を岡山県と香川県の二つの会場で実施したのも行きましたし、

開通前のプレイベントの瀬戸大橋ウォークとして歩いて渡った事もあります。


そのうち、西側にしまなみ海道が出来て、東側に明石・鳴門ルートも出来て

3ルートで四国には行きやすくなりました。

因みに自転車(原付)で渡れるしまなみ街道だけで、残り2ルートは車専用道路です。




そんな瀬戸大橋は大雑把に分けて4つの橋で構成されいます。

岡山県側から吊り橋の下津井瀬戸大橋。
20190408 04


続いて斜張橋
20190408 05


斜張橋の次が吊り橋の北備讃瀬戸大橋と南備讃瀬戸大橋。
20190408 06


しかし、この日は黄砂の影響で見えない.....


それでも一度は来たかった場所なので記念に
20190408 07



展望台をあとにして21号線を下っていきます。
20190408 09


この道路、ドライブルートとしても有名ですが、

今回はクルマが少なかったので、凄く走りやすい。

そして、岡山のローディの方もちらほらと見かけることに。

適度なアップダウンでトレーニングには最適なのかな。





そして下津井瀬戸大橋の塔脚の元へ。
20190408 10



20190408 11




20190408 12




20190408 13




施工費用が1兆1,300億円。

当時の最先端技術を結集して作られた橋です。


この角度から瀬戸大橋を見たのは初めて。

瀬戸大橋次第には何度かクルマと電車で通行した事はありますが、

普段、こうやって橋の下に来る事はないのですかね。

真下から見ると大きいね。




そんな、瀬戸大橋を前にしてww
20190408 14


20190408 15


20190408 16

海の無い地域に住んでいるので、ハレの日なのですww


因みにこの写真の見えている橋の半分から向こうは香川県。

目の前なのに香川県なのはわけがありまして....

江戸時代に香川と岡山の間で海の領海を樽を流して決めようとなった時に

香川のお殿様が潮の流れを計算して樽を流すように仕向けた結果、

香川県側の領海が広く決まったとの話です。



ルート途中で廃線になった下津井電鉄の下津井駅構内に佇む車両を眺め、
20190408 17



満開になった岡山県南の桜を眺め、
20190408 19




金甲山、貝殻山と言った岡山のヒルクラの場所は眺めただけで素通りしw
20190408 20



桜を背景に1枚。
20190408 21




瀬戸内海を背景に1枚
20190408 22




ゆるゆる走る観光ライド満載の旅、ここに終了と。

こうやって輪行で作成でさくっと行きたい場所に行って走るのはなかなかラクですよ。

但し、自分のモットーはオール自走。

もう少し、天気がよくなったら自宅からオール自走で行ってみるとしような。

往復220kmぐらいだから何とかなるかな。




そんな今回のライド記録を音楽付きで作ってみました.....


Relive使ったの久しぶりだから、同じ写真が上がってるな....




そして、今回ライドで思ったことが一つ。

もう少し撮影能力が欲しいのです。

見たままの景色を何とかキレイに撮りたいわね。

よし、次回はCameraだな。





一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。