FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

岡山へ"戻ってからの"初ライド.....




色々と手続きが終わって新年度3日目。


そろそろ岡山に戻ってからの初ライドしてみるかね。

自宅を14時半にスタートのちょ~ゆるいライドです。

距離も50km未満でのんびりと。

如何せん、東京の時にはもロクに乗れていませんてした。

まずはボチボチと復活する事が目標です。

ルートはスマホのガーミンアプリで自動作成して距離も50km未満でのんびりと。


そんな今日は......
20190403 (1)

トレック・セガフレード2018 冬用ジャージ。

この時期にしてはエラく寒くて、上は裏起毛の冬用ジャージ、

下は防風のビブタイツで、グローブも長指グローブです。


一応、18歳まで住んでいた場所なので道は分かります。
20190403 (2)


この道を進めば何処に行くかもわかりますが.......





ここ、どこやんw
20190403 (3)



どこだwww
20190403 (4)


知らない道がありました、世の中はやっぱり広いのです。

それにしてもクルマが少ないですよ。

18歳までは漠然と「とりあえず地元から出てみようかな」と考えていたのですが、

自転車と言う趣味を初めてからは憧れの環境となりました。






今回のルートはガーミンコネクトで作ってガーミンに転送したコースを走るのですが...
20190403 (5)



この橋を超えるらしい。
20190403 (6)



ここは降りて押し歩いて、突き進むと
20190403 (7)



道が無くなりましたww
20190403 (8)



仕方なくUターンして自分で進路を探すことに。

カンと、去年の夏に走った記憶とグーグルマップが全てww



棚田で有名な場所の近くを通り過ぎ....
20190403 (9)


ここは田植えの終わった時期か、稲穂が輝く時期には行きたいな。





行っちゃいけない場所へ突入。
20190403 (10)



暫く走ると更にいけない場所へ。
20190403 (11)

標高は高くなく300mほどです。

元々走っている場所が標高150~160mほど。


西日本の中国地方は、東日本のように高い山が連なっている事はありません。

高い山がない代わりに、東西に中国山地が伸びていて標高約500m~200m程度の

低い山が連なってますが、走ると結構キツイのですよ。

標高300mの眺めで山がこんな感じとなります。
20190403 (12)


ポンと飛び出た高い山がない代わりに、中級の山が連なっているのです。


そして今回走っている場所は農道。
20190403 (13)


クルマも少なく、そして道もキレイで走りやすい。
20190403(131).jpg




そして、この農道にはもう一つ別の名前も付いておりまして...
20190403 (14)

「美作やまなみ街道」.....しまなみじゃないよww


スタートからゴールまで走れば約40km。

全て山の中で、信号み2箇所のみ。

そしてアップダウンが多いのです。

こんなところでトレイン組んだら、間違いなく千切れるわw



そして、岡山に帰って来た事を実感する言葉使いの看板も見ることに。
20190403 (15)

(訳 とても危ないので、ここで遊んではいけません)

ブチとは方言で「超、とても」という意味かな。

「ぶち、怖い(すっごい、怖い)」「ぶち、すげえのう(とっても、凄いな)」

キレイな言葉じゃないわね。


しかし、東京生活が長かったせいか自分では使い方を忘れかけておりますが、

岡山のおにゃにゃの子が喋っているのを聞くと「ええなあ」と思ったりするww




岡山県津山市の旧街道をぶらぶらと観光気分で走って帰路に付くことに。
20190403 (19)


昔の城下町で敵が攻め入った時の時間稼ぎのクランク。
20190403 (20)

昔の道路のまま近代化したので、クランクもそのまま残ることに。


建物も一部は昔の様相で復元して観光に力を入れつつも、いま時のお店もしっかりとあります。
20190403(201).jpg


20190403 (21)


20190403 (22)




そんな岡山県北の街、津山市の桜。
20190403 (23)


そういえば、東京最後の時に桜を見ていなかったので、

これが2019年の最初の桜となるのかな。

そんな岡山県内でも桜は三~五分先程度。

満開は週末から来週にかけてかな。



そして帰りには神社に立ち寄って桜を確認。
20190403 (25)

ここは作楽(さくら)神社。

神社の由来は700年ほど前の鎌倉時代。

当時の後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕に失敗して囚われの身となり、

隠岐の島へ島流しの途上にこの近くの館に宿泊したところ、

備前の人、児島備後三郎高徳が奪還しようと館に忍び込むも、

警備が厳重過ぎて奪還できずに、桜の木の幹を削って十字詩を刻んだ事が由縁の神社です。


そんな古い由来のあるこの神社、小学生の時に遠足で訪れた事もある神社です。


一部の木は咲いているも、全てが満開まではもうちょいかな。
20190403 (26)


20190403 (27)






去年2018年も、その前の2017年も岡山で走りました。

けどね、今までは東京ベースで生活していた時のライド。

今回は岡山に戻り、こちらで生活しようと決めたライド。




地元で育ち、地元の学校に通い、幼馴染と一緒に過ごした場所。

時には悩んだり、バカ騒ぎをしたり、悲しんだり、初恋をした場所。


そして18歳の時、なんとなくでこの地を離れて26年。

一緒に歩んだ幼馴染とは道も別れて別々に進みました。


26年と言う月日を埋めるためには玉手箱が欲しいと思うのですが、

残念ながらコンビニでも通販でも売っていません。

なので、時間はかかるかもしれませんが、自分自身でゆっくりと、

その空いた年月を埋めようと思います。


20190403 (28)










一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。