FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

東京離れる前に目の買い出しに.....




2019年がスタートして16日目。

一度も乗っておりませんw

飲み会が立て込んでいるのです......

そして1月末に向けて更に立て込むのですww





東京離れます宣言してから残り僅かの身。

ネットでお買い物すれば、別に都会でなくとも生活は可能です。

海の向こうからでもお取り寄せは可能です。



但し、リアル店舗となると話は別。

しかも、自転車界隈では大都市に店舗がある場合がほとんどです。



行きつけのトレック・ストア。
20190116 01

岡山県から一番近いトレック・ストアは兵庫県神戸市。

高速道路を使って片道約2時間掛かります。

取扱店は岡山市内にもありますが、自宅から片道約80km。

行くだけで大変ですよ。




ワイズロード
20190116 02


岡山県にはなくて、一番近いのは広島市内か大阪市内のみ。

これも行くだけで旅行レベルだな。


ということで、東京にいる間に行けるショップには行ってしまいましょう。







先代メガネ。
20190116 03

レンズには薄い膜が張られているのですが、

長年の使用でまつ毛が当たって中央部の膜が剥がれてしまいました。

見たときに中心部が若干、ボヤけて見えるようになっておりました。

そして、ヨロけた弾みでレンズにでかいキズを着けてしまいました。



そこで12月に新調することに。

メガネは目の悪と入れる度数によってレンズがどうしても厚くなるのです。

レンズを薄くすることも可能ですが、薄くすることによって金額も上がります。

昔々に比べたら、レンズ加工の技術の進歩のおかげでレンズの厚みも

薄くなってきてますが、それでも薄くするにはお金は掛かります。

このNewメガネを作る際に、レンズ加工を色々選べる価格表を見たら

11万円と言う、恐ろしい加工代金もあってびっくり。


ある程度までレンズを薄くして、あとはフレームのデザイン次第。

フチ有りのフレームにするか、フチなしにするか?

フチの色は?

四角形タイプ? 丸タイプ?  細長いタイプ?

フレーム選びもなかなか、どうして楽しいものです。

そして、このフレームデザインでレンズの厚みをある程度は隠すことも出来ます。




そんな今のNewメガネ
20190116 04


レンズが片側一枚で28.620円が両目2枚分で57.240円!

フレームが12.960円、最終的に値引してもらって63.160円!!

メガネ掛けない方から見れば信じられない金額でしょうが、メガネって高いのです。

先代よりも少しだけ度が強くなり、しかも今回からは老眼も入りましたw




今の自転車用アイウェア。
20190116 05


普段からメガネっ子のためにアイウェア選びは大変。

度入りのために選択肢は限られてしまうのです。


オーバーグラスタイプのアイウェアでレンズは別フレームに入れるタイプ。

通販で安っすいセットを購入して、レンズは昔使っていたメガネから流用。

5年近く使い、普段メガネ買い替えの時にレンズを交換してきましたが、

流石にこのまま使い続けるには難しい問題も出てきました。



ワタクシ、まつ毛がちょ~長いんです。

「まつ毛長いよね~♡」と女性から言われる事があるんですが、

嬉しいコトは何もありません。


まつ毛が長く、通販で買ったアイウェアを使っていると....

まつ毛がレンズにスレてレンズ膜がボロボロになる始末。
20190116 06




流石にこれはアカンと思い、東京にいる間に決着をつけることに。

東京は御徒町のオードビーさんへ。
20190116 07



前々からこのお店の存在は知っておりました。

有名店ですもんね。


お店に入っていろいろと質問して見積を貰おうと思っていたら、

フレーム種類は輪行とか、お店入ったりも考えてアレにして、

レンズの加工代金ランクは真ん中あたりにして....

視力検査をして.....


気付いたらお支払い完了してましたw
20190116 08

全て勢いのなせるワザだなww


こうして初めてのまともな度入りのアイウェアを東京で購入しました。

出来上がりは一週間後。

さて、どんな感じかいね.......











一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。