成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

速度がわからない?

いよいよ明日から12月、今年も残り1年。

6月に購入したロードバイクも走行距離は2.600km
20131130総走行距離

あと400kmで3.000km......

おっ、日本縦断するやん♪ あと400km、12月中に達成できるのか.......



先日の新ペダルと新シューズの初走行会時に事件が起こりました。


40km程走って一休み、さ~て走るかなと思ったら.......

サイクルコンピュータ(サイコン)にスピードが表示されず「--」な表示。
20131130サイコンスピード表示


このサイコン、スピード測定するセンサーとはワイヤレス仕様で

コンピュータ、センサー部に電池が入っており、20分以上通信しない場合は

スリープ状態になります。スリープに入ったらセンサーとサイコンを

お互い認識するためにサイコンのボタンを押したらセンサー部の電波を拾って

センサーが見つかったらスピード表示になるはずなのに「--」表示のまんま。


スピードセンサー以外に、もうひとつのペダルの回転数を

計っているケイデンスセンサーはしっかりと認識。


サイコンの語りです。

「よし、センサー見つけるよ」
 ↓
「いま、探してるよ~」
 ↓
「見つかったよ、ケイデンスセンサーひとつだけ。あとは見つかんないよ~」

なんで、見つかんね~んだ。もうひとつのスピードセンサーどこ行った~~(ー_ー)!!


パレスのコース脇に自転車止めて、あちこちいじくります。

設定リセット、再度のペアリング開始、電池を外して入れなおして.....

それでも「--」のまんま。

30分程度いじくりまわしても、まったく良くならない。


速度が判らないと、走行距離も時間も判らない

速度(はやさ)と時間(じかん)と距離(きょり)の計算式は小学生の算数で習いましたが.....

距離=速度×時間

時間=距離÷速度

速度=距離÷時間

確か「はじきの法則」って覚えたような気が......

このうち、速度が判らない為、残り2つの情報が全くわからない.......



仕方ない、今日は撤収。

その結果が、初SPD-SLペダルで走った40kmの結果です。

帰宅途中もペアリングしてみましたが、全く認識しない。

何kmで走っているか全く分かりません。
(感覚では一部区間は多分30kmオーバーで走ってたのかな)


家に帰ってネットで同じような症状を検索すれど見つからない。

そして、あちこちいじくりまわしますが、全くダメ。


こうなったら最後の手段、電池交換です。

電化製品の動作不良時の解決基本は電源OFFの再起動、もしくは電池交換、

これが王道です。

サイコン画面上には”まだまだ電池有りまっせ”の表示が有りますが、無視して交換

電池交換のため、スピードセンサーを取り外します。
20131130スピードセンサー取り外し

スピードセンサーをばらして電池交換。
20131130スピードセンサーばらす


そして、再度ペアリング開始!
20131130ペアリング開始


結果は............

.....................ペアリング中

.....................ペアリング中

................................


見事に「--」から「00」表記へ。
20131130スピード表示復活


無事、スピードが表示されるようになりました。

たぶん、センサー部が電池切れで、サイコンの電波が拾えなかった可能性高し。

電池切れは気付かなかったよなあ......


購入して半年、今回の電池切れ以外でも自分でも気付かないところで

色々と不具合が発生している可能性があります。

そろそろ中規模メンテナンスが必要になってきてるのかな。




一応、ランキング参加中でございます。
↓ポチッとな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ガイツーに手を出す、その2

ペダル用のアーレンキーを購入したついでに、初夏~初冬用の薄手のグローブも購入。
SHIMANO ライト ウインター グローブ
20131129シマノグローブ
・手のひらはパッド付き人工皮革採用。
・ストレッチ性の高い裏起毛素材
・ベルクロタイプ
・リフレクター付
・合成皮革
・パッド付


そして、SPD-SLシューズを購入したWiggleのサイト。

よくよく見てみると、なかなか品揃えが豊富で安いです。


冬物ウェアが上下1セットずつしかないんだよなあ。

ということで、冬物ウェアでビブタイツと、サイクルジャージを購入です。

プランドは「dhb」で統一です。

dhb Glitch Long Sleeve Jersey

dhb Vaeon Reflex Roubaix Padded Bib Tight

dhbはwiggleのオリジナルブランドでネットで見ると、安くて質がよいとの事。

確かに、dhbのロゴの入ったジャージの方をよく見ます。


悩んだのはサイズ。如何せん、イギリス・海外のサイトです。

日本でのLサイズは海外ではMサイズ、XLがLサイズと、日本のサイズ感覚で購入すると、

サイズでけえ、となってしまいます。

身長172cm、体重78Kgの自分の日本サイズだと余裕を見ればXL。ピッタリはLサイズ。

2年前に最初に購入した夏物ジャージはXLでしたが、今年の夏はLを購入

そして、XLを今着て走ると、どうも背中から腰のあたりにかけての生地が風でばたつく。

乗っていて非常にうっとおしい。


自転車ウェアは、風による抵抗を少しでも避けるためとの事で

ピッタリ、若しくは1サイズ小さいが王道らしいです。

自分にとってのジャストフィットは今のところLサイズ。

自重が増加しなければ、との条件付きですが.........


で、WiggleサイトのサイズではMサイズ換算。

「ホントにMで大丈夫なの?」と頭の中をぐるぐると思いがめぐります。

いくら安いとは言え、サイズがあわなくて着れなかったらタンスの肥やしになります。

まあ、ここはMサイズを信用してポチっと。


そして、またひたすら待ちます。


日曜日にポチッとして約8日後の月曜日。

家に帰って、郵便ボストを除くと........入ってました、商品が。

以前のシューズの時にはポストに入らないサイズ(箱)だったので、

郵便屋も不在票を投函して一旦持ち帰ったんだろうと思われるのに、今回はナイロンの袋で到着。

袋だから、何とかしてポストにねじ込んだんでしょう。

ポストを開けた瞬間にWiggleのオレンジが飛び込んできてビックリです。
20131129Wiggle届く

またまた、海の向こうからRoyal Air Mailでやって参りました。

dhb Glitch Long Sleeve Jersey
20131129ジャージ


dhb Vaeon Reflex Roubaix Padded Bib Tight
20131129DHBビブタイツ

裏は起毛の素材で、暖かそうです。


何はともあれ、頼むサイズさん、合っててよと、祈りつつ試着。

Mサイズですが、サイズはピッタリ。
これだと、風による嫌なバタツキもないかな。

このジャージで、下に着るアンダーウェアも1枚減らせそうだし。
寒かったら、ウインドブレーカーを着ていけばいいかな。


11月の月末・週末は全国的に寒くなるっていってるし
いよいよ、今週末に上下着用してお出かけかな?



一応、ランキング参加中でございます。
↓ポチッとな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


久々の....そしてペダルを交換その3

ベダル交換とシューズだけでその3っていったい何やねん、と思いますが。



ベダルとシューズが届きました。


早速、ベダルをパイルダーオ~ン!
20131128ベダルセット

そして、当たり前のようにペダルのクリート脱着のバネは最弱レベルでセット。
20131128ペダル最弱設定


そして、シューズにクリートを取り付けます。

このシューズへ取り付けが色々と苦戦するらしい。


ここで、ネットで色々と研究です。

基本は「拇指球と小指球の中心が、ペダル軸の真上になる」

「拇指球」とは、足の親指の付け根のことで、踏み込んだときにもっとも力のかかるところ。

「小指球」とは、足の小指の付け根の事で、その二つを結んだ中心線がベダル軸の真上になるようにする。


足裏に、この辺かなと目星を付けてクリートをセット。

まあ、このあたりはあとから微調整すれば何とかなるかな。
20131128ベダル+シューズ

で、早速走りに出かけます。

まずは自転車を用意するのですが、今の部屋は4階に有って自転車は部屋保管。

今までの歩きやすいSPDシューズと違って、SPD-SLは圧倒的に歩きにくい。
20131128SPD-SL状態

靴底からペダルに引っ掛けるパーツが飛び出ています。

で、このままじゃ歩きにくいので多少なりとも歩けるようにしたパーツがクリートカバー。



早速、クリートカバーをセットして多少なりとも凸凹を減らして、1階まで自転車をおろします。
20131128クリートカバーセット

20131128SPD-SL状態2

で、4階から降ろしたあとはクリートカバーを外して、いよいよ初乗り。

おおっ、これがSPD-SLね。ペダルとシューズの取り外しを早速やってみる。

取り付けてパチン、おっ、やっぱり いい音ですなあ、

外して見ると....ちょっとSPDより硬いかな。

こりゃ、疲れきって外す時は余裕をみて外さないと、ヤバイかな。

で、早速お決まりの皇居・パレスサイクリングロードへ。

足慣らしも兼ねてゆっくりと走り出します。
20131128おNEWシューズ

新しいペダルとシューズは、今までは点で踏み込んでた感覚が、面で踏み込む感じ。

乗ってみて、色々と問題点も。

まず、ベダルの軸受けが硬い。


このベダルは、ベダルの上の穴位置にシューズに付けたクリートをセットするのですが

後ろの部分は重くなっており、シューズを外した時には重い部分が自動的に下に来るようになって

いるのですが、軸受けが硬いためにどうも重い部分がスムーズに下にならない。


硬いから、一旦止まって、ベダルからシューズを取り外して、再発進する際に

シューズのクリートをはめ込むときの位置を、どうしても確認する羽目に。

何度か、はめ込むのをミスしてパチンではなく、ガチャンとペダルをなめる状態に。


もう少し使ってみて慣れてみないと、いけませんね。

初めてのSPD-SLは、40km程度走って終了です。




一応、ランキング参加中でございます。
↓ポチッとな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



久々の....そしてペダルを交換、そしてガイツーに手を出す。

ペダル交換だけで、その2っていったい.....


さて、このSPD-SLに合わせての専用シューズをどうする?

候補は4つ。

Shimano SH-R088W ワイドタイプ


日本人の足幅にあったワイドタイプで
クリートを交換すれば、SPDとSPD-SLの両方で使える。

Shimano SH-R107W ノーマルタイプ


これもクリートを交換すれば、SPDとSPD-SLの両方で使える。
ソールがカーボン+グラスファイバー製で490gから。

Shimano SH-R170W ノーマルタイプ


SPD-SL専用タイプ。
ソールがカーボン+グラスファイバー製で470gと軽い。

SERFAS(サーファス) ロードシューズ ポディウム


お値段激安。9800円~


SPDシューズは別途持ってるから兼用は要らないよなあ。

でもって、シマノブラントがいい。


で、決定はこれ「Shimano SH-R170W ノーマルタイプ」


楽天....高いなあ。

Amazon.....うーん、高い。

定価は19.950円、国内で買うと約16.000~17.000円程度。


ネットで探して行き着いたのが、海外通販。

(海外通販をガイツーと呼ぶそうですが、どうもこの呼び方は慣れない)


Wiggle(ウイグル)さまのお出ましです。

サイト運営はイギリスですが、日本語表記のサイトで

支払いも日本円、ポンド、ユーロでカード、銀行振込みもOK

ああ....円高時代が羨ましい。


そして、今回購入したシューズのお値段は14.210円

支払いは銀行振込みを選択。

振込先も日本の銀行の口座への振込みなので安心して振込完了。

そして、今回は送料も無料。

別途費用をかければ、追跡サービス付きプランも有るけど
それでは、国内購入と同じになるため、無料プランを選択。

で、支払を終えて気付く。

「サイズ、間違って注文してる.......」

通常履く靴サイズは26.5cm、メーカーサイズで42。

ところが注文したのは43サイズ(27.2cm)

「なんてこったい、支払いもしちまったぞ!」


急いで、wiggleへ日本語メールで質問を出します。

「支払いもしちまったけど、サイズ変更できる?」

このサイト、日本語でのメール問い合わせが可能なのです。


で帰ってたきた答えが

「ごめんね、もう出荷したから訂正は無理だよ。
 到着したら返品対応してね、もちろん返品費用はそちら持ちだよ」との回答


仕方ありません、自分のミスですもの。

で到着までネットで色々調べると、約1週間程度との事。

ここは気長に待ちます。

.................................

.................................

まだ、待ちます...........

待ってる間にベダルがキタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

シューズは来ない(;_;)/~~~


そして「シューズ出荷したよ」から6日後。

郵便ポストの中にヤツが入っておりました ”不在投函票”

「はあ、郵便で来たのね」といそいそと郵便局へ引取に行きます。

そして、無事ゲット
20131127Wigglシューズ

宛先のところに「Royal Air Mail」の文字。


ホントにコイツは海越えてイギリスからやって来ました。

20131127シューズ


早速、サイズ間違いの確認のためにシューズを試着。

「うん? サイズピッタリだわ」

つま先部に余裕はありますが、足幅サイズがピッタリ。

しかもバックルで締めるため、しっかりと足にフィット。

結局、交換せずにこのまま使用することに。


ベダルも届き、シューズも届きました。

クリートをシューズにセットして、ベダルを付替えて、さ~て走りにいきますか。



一応、ランキング参加中でございます。
↓ポチッとな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


久々の....そしてペダルを交換

最後の更新からほぼ1ヶ月。

この間なにをしていたか.......

自転車乗って、食べて、飲んで、乗って、飲んで、

ちょっと違うスポーツにも色気出して。

健康的、いや不健康かな、そんな生活しておりました。



この1ヶ月で劇的に変わったコト。

ロードバイクのペダルをSPD-SLに切り替えました。

現行のSPDシューズを買ったのは今年の6月。

ロードバイク購入時とほぼ同時に購入して約2.600km程走りました。


しかし.....毎週末のパレスサイクリングロードを走ると....

周りからあちこちパチン、パチンとSPD-SL特有のクリートをはめ込む音が響く。

こっちはSPDのカチ、カチ音。

パチン、パチン.......パチン、パチン.......パチン、パチン

カチ、カチ..........


うーん......やっぱいいなあ、SPD-SL。

SPD-SLとSPDの違いが理解できていなかった事もありますが....

左がSPD-SLベタルで、右がSPDベダル。
20131126SPDとSPD-SLベダル

シューズの裏のベダルに取り付けるパーツが全然違っていて

最初はこの意味すらも理解していない。


まだまだ、素人でしたなあ。

今にしてみれば、SPDとSPD-SL兼用のシューズも有りますが、
当時は何も理解していなくて、SPDのみのシューズを購入。

これは、これで良かったのですが......


それでもやっぱりSPD-SLシステムが欲しい。

無いものねだりしても仕方ない。

ど~する?買うの?......買っちゃえ、買っちゃお(#^.^#)


まずはペダルを狙う。

最初に狙ったのはPD-5700 105 アルミペダル(6500円)



そして、楽天でポチっとしたところ.....

「申し訳ございません、メーカー在庫が終了しております」との回答。


ええい、こうなったら1ランク上のアルテグラだ(約12000円)

PD-6700 アルテグラ アルミペダル



そして、楽天でポチっとしたところ.....

「申し訳ございません、メーカー在庫が終了しております」との回答。


在庫切れ2連発。

このツキが別のところで生かされてくれば、尚よいのだが.....

宝くじとか.......


うーん、どうするべ(-_-;)

アルテグラの更に上の最上位クラスのデュラエースだと、
値段も跳ね上がるためにちょいと厳しい(約20000円)


ペダルに20000円は厳しい(-_-;)

このあとシューズも買わんといかんのに。

ロードバイクをローンで購入した身には厳しすぎる価格です。


で、見つけたのが105シリーズのカーボンペダル。

105であれば、現行マドン2.3と同じコンポ。

(フロントクランクだけがちょいと違いますが)

よし、同じで105で行きましょう。

という事で、Amazonでポチッと。

Shimano PD-5700-C 105


お値段7.683円也でクリート付き

SHIMANO(シマノ) SM-SH11クリートセット



こやつ、ベダルの主素材はカーボンです。

とうとう、105クラスにもカーボンペダルとは驚きです。

カーボンペダルって、上位クラスのアルテグラやデュラエースの

イメージだったのに。重量も285gとアルミタイプよりも40gも軽い


一緒にクリートカバーも購入(1.695円)



そして、このペダルはベダルレンチではなくて
8ミリアーレンキーで回し締めするため、一緒にアーレンキーも購入(1.200円)
20131126アーレンキー


そして届いたベダル。
20131126SPD-SLベダル



さ~て、ベダルは揃ったので、専用シューズをど~する?


一応、ランキング参加中でございます。
↓ポチッとな。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。