FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

10ヶ月ぶりにアルミ号で.....




前傾姿勢のアルミ・マドンとアルミホイールと11-25スプロケ
20190520 01


ふらふらと走りだす事に。

この「ふらふら」が良いんですよ、ガチじゃない証拠ですw


いつもの場所でワン・ショット。
20190520 02



県道を抜けて
20190520 02-1



林道区間う回路へ。
20190520 03


20190520 04



林道と言うとエゲつない道路と思うのですが、

この道路はう回路にもなっていて、路面状態がすこぶる宜しい。


そして、えっちらほっちらと上っていくのですが......

すぐさまインナー25へ。

それにしても重いな。

やっぱり普段からラクをしている影響でずっしりと重さが響きます。


のんびり行こうと思っていましたが、ある看板を見てそうもしていられなくなりました。


「クマ注意 岡山県」

季節は5月中旬。

気候も良くなり、ヤツらが出てきてもおかしくありません。

それを見た瞬間からベルを鳴らしまくって進むことにww


ちりん、ちりん、ちりん、ちりん、ちりん.....


山中にベルの音を響き渡らして進みます。




結局、クマにも会う事なく本日の最高地点へ。
20190520 05


20190520 06

(中国地方で1000m越えの場所は中々ムズカシイ....)




上ったあとはダウンヒル......
20190520 07


20190520 08


走ったことのない道なので慎重に、慎重に。


それにしてもクルマも通らないのどかな道です。
20190520 09


20190520 09-1


良いことずくめのように思えますが、街灯と言うものが全くありません。

但し、夜には走りたくない道です。

こんなとこ、夜に走って何かあったら泣くしかありませんわ。




そして、この日は暑かったのです。

直射日光をガンガンに浴びて走りました。

その結果、ガーミンの温度計は太陽を浴びて久々に沸騰することに。
20190520 10



人間も慌てて氷を投入します。
20190520 11


何気に2019年、初めてのガリガリ君です。

今年は色々とお世話になりそうです。


で、この頃から左足のヒザがちくちくと痛み出します。

クランクを6時にしたらヒザがちくちくと.....

このマドン、ドマーネと同じポジションではありません。

ドマーネはやってきた段階でフィッテイングサービスを受けて

ばっちりとポジション出しをしていましたが、このマドンは

ボジションも出しをする事なく乗っていました。

身体がドマーネのボジションに慣れ切ったんでしょうかね。



その後はこんな場所をちらほらと外から見て.....
20190520 12


20190520 13


現存する施設としては京都市のる梅小路運転区(京都鉄道博物館)に

次いで日本で2番目の規模なんですって。

鉄好きなら一度は来る場所なんでしょうね。





強度も求めず、まったりのんびりが一番ですよ。


只今、色々とトライしている最中で透かしが入っておりましてね......







一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





スポンサーサイト

6年目にして地面から洗礼を受ける.....




Newヘルメットが届いたので、どこか行ってみよう。
20190506 01


この日は天気も良く、もう夏日和と言っても良いくらい。
20190506 02


この日は田植えの時期なので棚田に行って田んぼにでも行ってみましょうか。

ざっくりと100kmルートを作って進みます。

棚田へ出るには峠を1本越えなければなりません、県道を使って。

この時、もう少しこの県道の下見をしておけばよかったのです。

コース作って、グーグルマップの衛星写真を見た時には

どエラい山の中やね、と思っておりました......



スタートして15kmほどでドーピング開始して進みます。
20190506 03


20190506 04



ぐるんと回り込んで標高アップ。
20190506 05



そして、いよいよ山越え区間へ。
20190506 06


上には電線も通っているので、

舗装されたそこそこの道路、と思っておりました。
20190506 07



が......


これは、ヤバいかな。
20190506 09



途中からコケやら石やら、杉の葉が路面にたくさん出てくることに。

そして上りなので、くるくると空転する始末。

これはアカンと、とっととUターン開始。

ゆっくり、ゆっくりとブレーキに注意して下ります。


そんなところ、目の前の下りに湿ったコケのある路面が。

ブレーキをかけながら、ゆっくりと下ります。


が.....

後輪がスリップして左に大きく流れる。

体は正面向いたまま。

バランス崩して、右側から豪快にどんがらがっしゃん。

右側背中から地面に豪快に着地w

一緒に右後頭部をしこたま地面に打ちつける。

被ってよかったヘルメット。


体は見たところ、骨も折れていなくて出血もなし。

しかし、背中の右側が痛い。


とりあえずは落ち着こう。
20190506 10


今日来ていたジャージはトレック・セガフレードの

2017年ツールド・フランス・ジャージ。

白ジャージなんですよ。

その白のジャージでコケの有った路面に叩きつけられると

こうなります。







20190506 11





20190506 12




右側ドロドロやん

せっかくのお気に入りの一張羅が( ノД`)シクシク…




取り合えず今日は中止、帰ろう。

そして、帰る途中にチェーンも外れる始末。
20190506 13



自宅に帰ってゆっくり確認ですよ。


まず、ポーチに泥。
20190506 15

これは何とかなる。




そして右側から倒れたという事は......
20190506 16

右側STIレバーにガリ傷( ノД`)シクシク…

ハンドルは泥だから洗えば問題なし。



そして、この時に気付く。

右側から倒れたっちゅーことは........


やっぱり......
20190506 17



こうなる.......
20190506 18

ディレーラーにガリ傷( ノД`)シクシク…


ディレーラーにこれだけキズが付いたという事は

ディレーラーハンガーも絶対に曲がっているハズ。

2日前にショップで交換してもらったばっかりなんだよ( ノД`)シクシク…



続いてカメラ......

バッグに入れないでジャージ後ろの右ポッケに突っ込んでおりました。

ガリ傷が......( ノД`)シクシク…
20190506 19


ガリ傷だけで動作には問題がないからいいかな。





それしてもバイクが散々な汚れです。

20190506 21


20190506 22




ガシガシと洗ってスッキリサッパリと。
20190506 23







それにしても、ここまで豪快に倒れたのはロード乗り出して6年目にして初めてです。


過去にも落車した事は1回だけありました。

群馬の赤城山をヒルクライムでヘロヘロになって頂上ゴールした時。

ヘロヘロで時速0kmでゆっくりと右側に倒れました。

その時はバイクも体も異常は何もなかったのですが、

今回は右側のお尻が痛い。

右手の肘の擦り向け、

そして翌日起きたら首が痛い。


今回の落車、スピードは出ていなかったのですが、

滑って倒れる勢いが増して地面に叩きつけられました。


そして、あのディレーラーのキズから察するにハンガーも

絶対に内側に曲がっているハズ。このまま乗って走行中に

ハンガーが折れたら、今度は地面に叩きつけられるだけでなく

そのまま三途の川の向こうにも行きかねません。


このバイクには乗れんな。

うーん.........どないしよ?






そうだ、うちにはもう一台ありましたがな。
20190506 24


マドンが。










一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







ちょっとは山にも行ってみよう.....




クルマを引取に行ってきました。

只今、あれこれと触っている真っ最中です。

何といってもロードバイクの事を考えての1台ですから。

そんなクルマの事はまた別の機会に。







今日はコース無しで走ってみようかと思い立ったある日の事。

知っている道だけをつなぎ合わせて走ります。

しかし、知っている道は以外と少ないのです。


高校まで過ごしてきたと言っても、行動する範囲は決まった場所だけ。

その後の26年の空白期間があるものなので

知っている道路レベルは高校生の時のまんま。

東京の道とか、群馬、神奈川の方がよく知っていたりするww


知っている道は、ここ2年で地元に帰省した時に走っていた場所なので

おのずと過去に走った事がある場所をつなぎ合わせます。

毎度お馴染みのクルマの少ない道路。
20190423 01



恒例となった丸ポストの前で記念撮影。
20190423 02



この地域はまだまだ桜が咲いておりますよ。
20190423 03



そして出てきたこの看板。
20190423 04

この看板が出てくる道は自称「ヤバい道」

まうんてんに繋がる道なんですね。


杉林の間を抜けて、トンネルを抜けると....
20190423 05


20190423 06



閉鎖された公民館跡へ。
20190423 07



因みに自宅の標高は160mほど。

ここまで距離にして約20kmで、只今の標高は520mほど。

のんべんだらりと上るには丁度いコースですよ。


しかし、注意しないといけない事は.....

ここでは携帯の電波が入りません。

スマホも電波を掴まない。
20190423 08


ガラケーも圏外。
20190423 09


次のルートを見つけようとグーグルマップを開くも、何も表示されません。

仕方なく、以前に走った山を1本越えます。


上って....
20190423 10



上って.....
20190423 11



標高850mの峠越えへ。
20190423 12


多分、このあたりでは標高の高い地点です。

岡山は1000m級の山の上まで行ける道路はなかなかありません。

山越えも山の間の標高の少し低い場所に作られているのです。



上った後は体重に任せてしゃ~っと下って道の駅へ。
20190423 14


20190423 15



そろそろ、お昼ご飯の時間帯。

しかし、何故か無性に中華が食べたい衝動に駆られる。

チャーハン食いたいw


岡山県内を走っている方のブログでこのあたりに

中華料理屋さんがある事は知っていました。

ここで電波の入るスマホで検索開始。

ほうほう、山を1本越えれば中華屋があると.....




進むこと暫し.......


どうみても道路がおかしい光景が見えてきたw
20190423 16


インなーに落として時速5kmでのんべんだらりと上っていきます。

3kmちょっとウンウン唸って上り終了。

この時点で40kmほど走ってきて1000mアップ。

これは行ったらアカン、コースだったかなww



そして中華料理屋さんへ。
20190423 19



ここにはサイクルラックがあるので、ローディも来ているんだな。
20190423 20


20190423 21


店内は広く、2階にはちょっとしたパーティー会場も。

会議したり研修して、お昼は中華も食べれるようです。

お客さんは平日という事もあって地元の方だけ。


4人がけのテーブルに一人で座って中華ですよ。
20190423 22


激辛そうめんに焼きめしのランチセット。

久々に食べる中華の美味しいこと。

このお店、麻婆豆腐と水餃子が有名みたいです。

今度、また食べに来ないとね。



ここまでウンウンと上ってきましたが、ここから自宅までの約20kmは下り基調。

体重に身を任せて下って行きますよ。
20190423 23



途中で桜も眺めつつも、まったりと帰ってきました。

距離にして60kmちょっとでしたが、久しぶりに上ったので満足かな。


でも、上りは暫くいいやw







キチンと1000mアップしてますが、暫く山はご遠慮させて頂きますw














一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



ロードバイクリベンジの帰宅路は行きよりもタイヘンよ.....




2020年、東京オリンピックのサイトが正式にオープンしました。

東京を離れて3週間。

品川ゲートウェイ駅の完成を見ることなく、

リニア新幹線も見ることなく、

東京オリンピックも観ることなく.........


それでも"念のため"に東京オリンピックの会員IDだけは登録しました。

念のため........かな?










コンビニでガーミンログを保存して泣いたあとの事。

泣いても帰らなきゃいけません。


瀬戸内海に別れを告げて内陸部へと進んでいきます....


が..........


ここから猛烈な向かい風となる事に。

どう頑張っても25kmが精一杯です。

下りでもロクにスピードが出ません。

そして、何故かのぼりでは向かい風とはならない。

これは新手の嫌がらせだろうかww


帰りは行きとは違うルート。

基本はライドのルートは往復で違うルートを作成するようにしています。

その方が景色が変わって楽しいからね。



帰りのルート途上には備前焼の窯元。
20190421 02


20190421 01

因みに焼き物には全く興味がありませんww

もう少し、年を取ったらわかるようになるんだろうか。



そして安定の上り開始。
20190421 03


20190421 04



中国地方には関東平野のような巨大な平野がありません。

平野部は瀬戸内海と日本海沿いだけで、内陸部に多少の盆地はありますが、

中国山地に向かってなだらかな丘陵地帯となり、標高は上がっていきます。

一言で言うとデコボコな地形です。



国土地理院作成の地図サイトに地形図がありました。


関東地方はと言うと....
20190421 04-1

どこまでも続くまっ平だ。




そして、中国地方は....
20190421 04-2

もう、ボッコボコww

走りがいはあるんでしょうが、デブには余計な地形ですw



今回の帰りルート、こんな感じでジワジワと上っていきます。
20190421 04-3


なんでもないような上りなんですが、

これにオール向かい風だったら、ホントに平地ヒルクラですよ。





標高136mのマウンテンを超えて瀬戸内市へ。
20190421 05


たかが標高136mですが、海っぺりを走って来たので

標高2~3mからのヒルクラですよ、キツイわw



山陽新幹線の高架橋を超えて、
20190421 06



この橋を越えれば...
20190421 07




2年前の2017年の夏に走った道へ。
20190421 08



この区間も西日本豪雨の影響で一時は通行止めとなっていましたが、

今では補修されて通れるようになりました。

そして、ここは県道なので圧倒的にクルマが少ないのです。


アップダウンも少なく、ホントに走りやすい道です。
20190421 09


20190421 10


20190421 11

ここまで、オール向かい風で25km以上は出ませんがww



程よい距離感でコンビニがあるのでザバス補給。
20190421 12


田舎のコンビニはオアシスですよ、ホントに。

コンビニが無い区間なんてザラにあるので、補給したいと思った時に

立ち寄っておかないと、補給すら満足に出来なくなります。


ここから自宅まで約50km弱。

最短ルートは国道ですが、国道はクルマが多い。

トラックが多い。

路面が悪い。

国道を通るのは最小限度に抑えて可能な限りで横道に入って走ります。
20190421 13


20190421 14


それでも20kmばかりは国道を走る事に。

それにしても向かい風が全く収まらない。

帰路をスタートしてからずっと北向きの風を浴びて北に進みます。

こうなってくると、もう25kmペースすら難しい。

必殺技の20km以下のんびり走行で向かい風の中を北上します。




朝8時前に自宅をスタートして、今は18時過ぎ。

19時までに帰れば総時間は11時間。


日も暮れかけてきたなかをせっせと急ぎます、向かい風ですが....
20190421 15





なんとか無事に19時前に帰ってきましたよ。
20190421 16



後にログを見たら往復の総所有時間は10時間21分。

距離は188km

これだけ走ったのなんて2018年の6月以来のこと。


惜しいな、200kmまであと12km。

確か200kmブルベの制限時間は13時間30分。

もう少し走りこんだら、200kmブルベも出れるかも。


ブルベの事はもう少し考えるとして、久々に距離走れてよかったな。

次回は山かな.....行きたくないけどw








最近、この動画に音楽を付けるのに凝っておりまして....










一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



クルマではなく、ロードバイクでリベンジへ.....




先日、電車+クルマで行った、みなとの見える丘公園。
20190420 01


クルマで行けるんだったら自走で行けるんじゃね、と思いましてね。

たったの片道90km程度だからww

しかし、往復200km弱なのに朝8時いう堕落っぷりなスタート。


クルマの少ないルートを選びつつ、のんべんだらりと進みます。
20190420 02


20190420 03


何故かアベ28kmで....



そして、片鉄ロマン街道へ。
20190420 04


20190420 05


片鉄ロマン街道は、岡山県備前市の片上駅から久米郡柵原町(現美咲町)の

柵原駅までを結んでいた片上鉄道(かたかみてつどう)の跡地にある廃線跡を

利用した約24kmのサイクリングロードです。


廃線となった鉄道跡を利用してサイクリングロードとして整備されているので

鉄道時代の駅名看板に案内図も設置されています。
20190420 06


20190420 07



国道沿いに鉄道が走っていた場所を

サイクリングロードにしたので車道と完全分離。
20190420 08


20190420 09



サイクリングロードだけあって、クルマが来ることも無く、

晴れた日の中をのんべんだらりと進んでいきます。

20190420 10



関東で言えば、つくばリンリンロードみたいなものかな。



この片鉄ロマン街道を知ったのも、ロードバイクに乗り出してから。

東京時代に知りました。

多分、こうやってロードバイクに乗らなければ巡り合う事もなかったと思います。

中にいるよりも外からの方が中はよく見える事が出来ますのでね。

その甲斐もあって、こうした素晴らしいルートとも巡り合えるのですから。

20190420 12



20190420 13



20190420 14



20190420 15


のんびりまったりと走るには最高のコースです。




因みにガーミンに表記される地図ですが、今使っているガーミンは520で

地図はネット上の有志の方によって作られたオープンストリートマップを

使っているのすが、この廃線跡は何故か鉄道路線図として表記されていました。


鉄道跡なのに、
20190420 16



実際は道路
20190420 17




岡山地方、桜は既に散り始めています。

満開の桜もよいのですが、散り始めた桜の花びらを進むライドも

なかなか乙なもんだと思うのですが......
20190420 18


20190420 20



場所によっては「只今、満開です」の場所も有ったり
20190420 23



鉄道跡なのでトンネル跡も有ったりとなかなか楽しめるルートです。
20190420 24




そんなこんなで1週間ぶりの瀬戸内の海へ到着。
20190420 25



ここから数km走っていくと、目的地への入口へ。
20190420 26



距離1.5km、標高差90m強のヒルクラ開始。
20190420 27


20190420 28



時折、斜度が9%\越えて10%も越えるんだけどなww




上り終えた後は絶景が待っていました。
20190420 29


20190420 30


天気も良かったので小豆島の島影もばっちり。

そして、海に浮かぶは養殖用のいかだと小豆島からの定期フェリー。


来てよかったね。
20190420 31




ここは瀬戸内海に浮かぶ日生諸島を一望する事が出来ます。
20190420 32



日生大橋もばっちり。
20190420 33


あの橋を越えていくと、海水浴場やミカン狩りにも行けます。

海水浴場.....夏に来て目の保養するじゃw



そして、ここ日生は牡蠣が有名な町です。
20190420 34


20190420 35


漁港もあり、牡蠣の養殖も盛んな町です。

冬場はカキオコというお好み焼きにカキが入った一品も食べられます。

が.......この時期は牡蠣の旬は過ぎているので冷凍ものになるらしい。

しかし、お店がよくわかりません。

食べログで色々と調べたのですが、結局面倒になり........



結局こうなるとww
20190420 36



地場の物を食え!という事なんですが、どうしても才能がなくてですね。

結局、一人でふらふらしてると簡単なものになりがちなのですよ。

最近はコンビニグルメも充実してますしね。


そして今日はヤル気はマンマンです。

夜遅くなってもいいように反射ベストも持参。
20390420 37



朝8前スタートにも関わらず、5時間で90km弱と

今まで乗れていない状態にも関わらず、なかなか好調なペースなのです。

もちろん、モバイルバッテリーも持参してガーミンも充電開始。
20190420 38


ここから帰りのルートは100kmちょっと。

さて行くべかな、と思って準備していた時にそれは起こりました。


クリートカバー外して....


忘れ物確認して....


サドルバッグの口を閉じて....


ガーミンを準備して.......



あ、間違ってセーブしちまったww


勘弁してくれい


さて、帰るか......( ;∀;)




また、性懲りもなく作ってみたw



一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





このカテゴリーに該当する記事はありません。