FC2ブログ

成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

東京離れる前に目の買い出しに.....




2019年がスタートして16日目。

一度も乗っておりませんw

飲み会が立て込んでいるのです......

そして1月末に向けて更に立て込むのですww





東京離れます宣言してから残り僅かの身。

ネットでお買い物すれば、別に都会でなくとも生活は可能です。

海の向こうからでもお取り寄せは可能です。



但し、リアル店舗となると話は別。

しかも、自転車界隈では大都市に店舗がある場合がほとんどです。



行きつけのトレック・ストア。
20190116 01

岡山県から一番近いトレック・ストアは兵庫県神戸市。

高速道路を使って片道約2時間掛かります。

取扱店は岡山市内にもありますが、自宅から片道約80km。

行くだけで大変ですよ。




ワイズロード
20190116 02


岡山県にはなくて、一番近いのは広島市内か大阪市内のみ。

これも行くだけで旅行レベルだな。


ということで、東京にいる間に行けるショップには行ってしまいましょう。







先代メガネ。
20190116 03

レンズには薄い膜が張られているのですが、

長年の使用でまつ毛が当たって中央部の膜が剥がれてしまいました。

見たときに中心部が若干、ボヤけて見えるようになっておりました。

そして、ヨロけた弾みでレンズにでかいキズを着けてしまいました。



そこで12月に新調することに。

メガネは目の悪と入れる度数によってレンズがどうしても厚くなるのです。

レンズを薄くすることも可能ですが、薄くすることによって金額も上がります。

昔々に比べたら、レンズ加工の技術の進歩のおかげでレンズの厚みも

薄くなってきてますが、それでも薄くするにはお金は掛かります。

このNewメガネを作る際に、レンズ加工を色々選べる価格表を見たら

11万円と言う、恐ろしい加工代金もあってびっくり。


ある程度までレンズを薄くして、あとはフレームのデザイン次第。

フチ有りのフレームにするか、フチなしにするか?

フチの色は?

四角形タイプ? 丸タイプ?  細長いタイプ?

フレーム選びもなかなか、どうして楽しいものです。

そして、このフレームデザインでレンズの厚みをある程度は隠すことも出来ます。




そんな今のNewメガネ
20190116 04


レンズが片側一枚で28.620円が両目2枚分で57.240円!

フレームが12.960円、最終的に値引してもらって63.160円!!

メガネ掛けない方から見れば信じられない金額でしょうが、メガネって高いのです。

先代よりも少しだけ度が強くなり、しかも今回からは老眼も入りましたw




今の自転車用アイウェア。
20190116 05


普段からメガネっ子のためにアイウェア選びは大変。

度入りのために選択肢は限られてしまうのです。


オーバーグラスタイプのアイウェアでレンズは別フレームに入れるタイプ。

通販で安っすいセットを購入して、レンズは昔使っていたメガネから流用。

5年近く使い、普段メガネ買い替えの時にレンズを交換してきましたが、

流石にこのまま使い続けるには難しい問題も出てきました。



ワタクシ、まつ毛がちょ~長いんです。

「まつ毛長いよね~♡」と女性から言われる事があるんですが、

嬉しいコトは何もありません。


まつ毛が長く、通販で買ったアイウェアを使っていると....

まつ毛がレンズにスレてレンズ膜がボロボロになる始末。
20190116 06




流石にこれはアカンと思い、東京にいる間に決着をつけることに。

東京は御徒町のオードビーさんへ。
20190116 07



前々からこのお店の存在は知っておりました。

有名店ですもんね。


お店に入っていろいろと質問して見積を貰おうと思っていたら、

フレーム種類は輪行とか、お店入ったりも考えてアレにして、

レンズの加工代金ランクは真ん中あたりにして....

視力検査をして.....


気付いたらお支払い完了してましたw
20190116 08

全て勢いのなせるワザだなww


こうして初めてのまともな度入りのアイウェアを東京で購入しました。

出来上がりは一週間後。

さて、どんな感じかいね.......











一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





スポンサーサイト

新しいシングルモルト ウイスキーを1箱手配してみた.....




シングルモルトウイスキーとは。

スコッチウイスキーは「シングルモルト ウイスキー」「ブレンデッド ウイスキー」の

2種類でシングルモルトの「シングル」とは「単一の蒸留所で瓶詰めされたもの」という意味。

「 モルト」とは「大麦麦芽」のことで「モルトウイスキー」とは、

大麦麦芽を主原料としているウイスキーのこと。


和訳すると「大麦麦芽を使って一つの蒸留所で瓶詰されたウイスキー」かな。




そんな1本の「BOWMORE(ボウモア)12年」
20180116 01

(今は無き、在りし日のボトル4本体制ww)



スコットランドのアイラ島のボウモア蒸留所で生産された一品です。

12年のあとは15年、18年、25年と続きますが、普段飲むのは12年ものオンリー。

芳醇な香りと独特のクセのある味がなんとも言えん一杯だったりする。

ストレートで、ロックで、ハイボールでと楽しめる一杯です。



知り合いの人がこの香りを上手いこと表現しておりました。

「ヨードチンキの香りw」

確かによく似てるんですわww




しかし、普段使いはグレンリヴェット12年。
20180116 02


これはこれで上手いのよ。

やさぐれている時は一週間待たずに1本空いたりもするww




しかし、時にはボウモアも飲みたくなるもの。

ヨードチンキの臭いでスーハースーハーやりたいんだよねw

急遽"オランダ"から取り寄せをしてみました。

注文してほぽ1週間して無事到着。


これが、
20180116 03




あの、
20180116 04




ボウモアか!
20180116 05


THE FIRST ISLAY MALTだよね。





しかし、何か箱がおかしい。



こんな、
20180116 06


箱だったか??
20180116 07










そんな箱を明けると.........................









不思議な事にウイスキーがジャージに変わっておりましたww
20180116 08



20180116 09






うーん、不思議だ。

どう間違えたらウイスキーがジャージに変わるのかな。


暫し、考えた結論は...............

























オランダから運ばれてくる最中に化学反応を起こしたんだな、きっとww

20180116 10


20180116 11


20180116 12




化学反応はいらんかったから、ボトルが欲しかったりする今日この頃だったりする。

うん......ボウモア飲みたいな......



それよか、今年の夏はこれ着て飲むぞ走るぞww







一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





アメ車にNewタイヤを.....



あと3日で2017年も終わりです。

朝、仕事場に行くために電車に乗ると子供連れの親子、

スーツケースを引いている人がいっぱいでした。

今日で年内の仕事は終わりの会社が多いみたいですわね。

官公庁も今日が御用納め。

そんなわたしの御用納めは明日の29日です。

さあ、明日もがんばろうか。
















ある企業の一覧。

・ブリジストン

・ミシュラン

・グッドイヤー

・コンチネンタル

・ピレリ



共通する事はな~んだ?

全てタイヤメーカーで、世界シェアトップ5のメーカーです。



世界シェアトップのブリジストンは日本のメーカー。

創業者の石橋さんの名前を逆にして英語にした社名は有名です。

東京の小平工場ではF1用タイヤの開発・生産をしていました。

ロードバイクでは自転車本体としてアンカーシリーズも有り、

ロードバイクのタイヤでもエクステンザ・ブランドで有名です。






ミシュランはフランスのタイヤメーカー。

キャラクターのビバンダムや、ミシュランガイドでも有名。

モータスポーツでも有名なタイヤメーカーです。

もちろん、ロードバイクのタイヤでも有名。

100%チューブラータイヤだったロードレース用タイヤのかなりの部分を

クリンチャータイヤに代えたのはミシュランの開発によるものなんですって。

PROシリーズや、リチオンシリーズで有名ですわね。






グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカー

日本語にまんま訳すると『良い年』

F1通算368勝と、タイヤメーカーとしてF1で最多勝を記録。

企業ロゴの書かれた飛行船で有名ですな。

ここはロードバイク用タイヤは無し。






コンチネンタルはドイツにあるタイヤ及び自動車部品メーカー。

ヨーロッパの自動車メーカーから販売される新車に装着される事が多いタイヤです。

ここもロードバイクのタイヤでも有名です。

あたしも以前に使っていたグランプリ4000Sシリーズ
20171228 01


耐パンク性能に優れているタイヤで人気のあるタイヤです。






ピレリはイタリアのメーカー。

2015年に買収されて中国企業の傘下に。

最高級ブランドのP Zeroシリーズはフェラーリ、ポルシェ、マセラティ、

ランボルギーニ、メルセデスAMGなどの高級車に採用されるモデルのタイヤです。

ロードバイクのタイヤは1950年代まで作っていて、2017年に60年ぶりに復活。






そしてアタシの使っているタイヤのメーカー。

「ボントレガー」

今乗っているトレックの傘下でトレック純正品を製造しているパーツメーカー。

因みに今履いているのはR3と呼ばれているタイヤです。
20171228 02







思い起こせば本厄だった2016年。

Newフレームとともに使い始めたボントレガーR3シリーズ。
20171228 03


ここ2年程はパンクしても、このタイヤのみを使ってきました。
20171228 04



そして後厄だった今年2017年もこのタイヤを使い続けてきました。
20171228 05




決して悪いタイヤではないんですよ。

悪いどころか、とっても良いタイヤなのです。

しかし、思うところがあって2018年を迎えるにあたって足元をチェンジする事に。




そして迎えたNewタイヤ.......

20171228 06


20171228 07


20171228 08


『PIRELLI P ZERO VELO 4S』


グリップ性能と耐パンク性能を強化して、ウェットコンディションでの

スムーズライドに対応したオールラウンド・コールドコンディションタイヤなんだそうです。

値段は気にせず、2本を颯爽と大人買いww


とりあえず大晦日までには装着せんとね。




2017年、最後の物欲を満たしてアメ車のトレックにイタリーの

ピレリタイヤを履いて、欲望も満たして、ミーハーな気分で2018年を迎えます。











メイド・イン・フランスなんだけど.......

20171228 09









一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




2017年夏、最初で最後の買い物を.....



2015年夏、105 10速からアルテグラ11速へ。
20170720 01


2016年夏、紐から電動へ
20170720 02



そして2017年夏。

今年も夏の臨時収入が入りました。

しかし.......

特に何も欲しいものがないんだよねえ。

今のドマーネは最終形。

これ以上、大物をブチ込む予定は何もありません。




夏の臨時収入も半分以上は貯蓄へと回り、今年はたった一つだけお買い上げ。
20170720 03


20170720 04


以前から欲しいなと思っていたものを探していて、この度やっと見つけました。


それは折り畳みシューズ。
20170720 05


20170720 06


20170720 07



輪行で移動する際には、荷物削減のためにピンデングシューズのままで移動するのですが、

あまりにやりすぎると、シューズが痛む原因となります。

そのため、ここ最近の輪行はパックパックにピンデングシューズ持参で

歩いて移動する時にはスニーカーを履いて移動するように。

しかし、スニーカーがバックパックの中でどうしても容積を取ってしまって邪魔なのです。

だったら、その容積そのものをコンパクトにしてしまえばええやん、と言う発想に。

このサイズだったら、オルトリーブのLバッグにもぶっ込めますしね。

20170720 08


20170720 09




早速、履いてみたところ履き心地は十分。

折り畳み構造のため靴底は厚みがなく、履いてもぺらっぺらの感覚ですが

長距離を歩くわけではないので移動時にはこれで十分です。

20170720 10


20170720 11



こうして、ひと夏の冒険に向けて着々と準備は進んでおります........


既に往復の新幹線チケットも購入しちまったしねえ.....
20170720 12











一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




体を合わせよう、物欲に応えるために.....



サイコンが全滅してブチ切れて散財。
20170626 01


ウソです。








今使っているサドル。

「ボントレガー アフィニティー」
20170626 02


2013年の初号機に着いていたサドルを弐号機にそのまま移植。

もう使い始めて今年で4年目なんですよね.......

鈍感なのか、ぴったりだったのか、今までおケツも痛くなる事無く過ごしてきました。

しかし、ここ最近100km越えたら、おケツが痛くなってきました。

だいぶヘタれてきたけんね。




そんな4年使って来たサドル。

20170626 03

20170626 04


何気に裏面を見たのは初めてだったりする......

サドルのスレ具合を見ると、自分の普段座っている場所が前よりな事がよく分かりますな。



お店にちょうど自分の合うサイズがあったので、ここは指名買い一択。

そして去年の5月以来でチェーンも交換。

ついでに変速チェック、その他とこまごまとお願いする事に。



そのあとは走行チェックとばかりに都内をぐるぐる。

20170626 05


20170626 06


20170626 07


20170626 08





で、4年振りに入れ替えたブツ。

「ボントレガー モントローズ・エリート」

20170626 09



20170626 10



20170626 11



とうとう、穴あきサドルに手を出すことにしました。

これでアレも痛くなくなりますw

しかも、ウォッシュレットも装着可能ですww




交換したあとに取り付けてもらって乗ったイメージは.....

「うーん.....ちょっぴり硬いかな......」

比較対象が4年使ってヘタれてきたサドルしかないものでしてね。


唯一の救いはボントレガーの30日間保証。

30日以内であれば、使っていても返品が出来るのです。

ダメだったら別のサドルだな......



しかし、サドルをおケツに合わせればいいのです!

さて、サドル沼に落ちてしまうのか、それとも相思相愛となるのか。






これで初号機から引き継いだものはステムとハンドルだけとなることに。
20170626 12



物欲はこれで終わりですよ。

もうバージョンアップはありませんよ。

たぶん..............











一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


このカテゴリーに該当する記事はありません。