成せばなる...だから前に進むのです。

ロードバイクとその他のハナシをぼちぼちと。

ぶっ壊れたガーミン520、修理に”英語で”チャレンジ.....



ブルベ中にUSB端子が完全にぶっ壊れたガーミン520
20170522 32


20170522 33


20170522 34



このガーミンは2016年11月にやって来ました。
20161120 03

約半年のお付き合いでフラれてしまいました。



さて、どうしよっか?

日本の子に国内版に手を出してみる?

価格34.000円から。

買えるか!!


それとも再び、洋モノ海外版に手を出してみる?

価格27.000円から。

去年よりも7.000円も値上げしとるやないかい!




このガーミン520は海外通販で購入したシロモノ。

そのため、日本国内でのサポートは対象外。

さて、どうしよう?

英語力?

バリバリの日本人なので方言力はあれども、英語力は無いww




そこで、困ったときのインターネットで検索開始。

「ガーミン520 海外通販 修理」

「Garmin520 海外修理」

「海外通販で買ったガーミンの修理」

「garmin ram 修理」


あらゆるキーワードをブチ込んで検索開始。

そうすると海外通販で購入して同じように

海外に修理を依頼した偉大なる先人の方達さまのサイトにたどり着く。


ふむふむ。なるほど........

・ガーミンの保障期間は1年間。

・520修理の場合の費用は一律$99。

・ガイツーの場合は、ガーミンに直接コンタクトを取る

・アジアの場合の受付窓口は台湾

・コンタクト後にRMA番号(修理番号)記載の書類を貰ってその書類に記載して台湾に発送。

・基本的に新品に交換されて戻ってくるので、費用は往復の送料で15.000円程?



新規に新品を用意するよりかは安いな。

よし、ダメ元でやってみよう!


まず、my.garmin.comへ行く。
20170523 04

ここで登録されているガーミン端末が表示されるのね。



続いて「マイサポート」を選択して「サポート」を選択すると....
20170523 05


20170523 06




「Product name or serial number」(ガーミンのシリアルNOを入力してね)
20170523 07

ここにガーミンのシリアルNOを入力すると......



で、現れた画面からコンタクト開始。”EMAIL”をクリック。
20170523 08



すると.......問合せフォームが出現(全て英語)
20170523 09


仕様機器とシリアル番号は入力されているので、あとの項目を記入していく事に。

Name:氏名(名前・苗字)

Email:連絡可能なメールアドレス

Confirm Email:もう一度同じメールアドレスを入力

Phone:電話番号 日本の場合は国番号+81を付けて最初の0は書かない 

(例)03-1234-5678 ⇒ +813-1234-5678

Conutry/Region:国名ね。ここは「Japan」

Address Line1:住所1 

Address Line2:住所2

City:市区町村名 

State/Province:都道府県名 ここは「Tokyo」

ZIP/Postal Code:郵便番号

Subject:題名

Describe your question or issue:ここにトラブル内容を記載

Describe troubleshooting steps attempted:試行されたトラブルシューティング手順(今回は記載なし)


で、トラブル内容を記載。

・USB端子が壊れた。

・ピンが壊れて接続できない

・PCと繋いでも充電や同期ができない

・イギリスで購入したため、日本の代理店のサポートが受けられない

・修理が必要だ


しかし、日本語で書いてもどうしようもないため英語に変換(by グーグル翻訳)


・The USB terminal is damaged.

・The pin at the connection point breaks apart

・Charging and synchronization can not be done even when connected to a PC

・My country is Japan but I bought it in the UK so I can not receive support from Japanese distributors

・I will repair it.


どうかな、意味通じるかな???

一か八かなんでね。

あとは送信と......送信後に題名忘れた事に気付くww


その後、控えとして自分のメールアドレス宛にも送信内容が飛んでくる。
20170523 10




で、その後も色々とググって調べると修理支払いはクレジットカード便利らしい。

届けられたRMAの書類にカード番号やら、有効期限を記載するのね......


が!

が!!

が!!!

ここで更に問題が。


書類にはVISAカード番号か、MASTERカード番号しか記載欄がない!!

銀行の記載情報も有るけど、さっぱりわからん!


クレジットカードは持っているのですが、VISAもMASTERも持っておらんのです。

昔々はVISAを持っていたのですが、カードの提携元がサービス終了した際に整理して

今もっているカードはアメリカン・エキスプレスとJCBカードだけ。

ガイツーの場合にはアメックスで何とかなったのですが

流石に今回はどうしようもないな。



VISAカードねえ

さてと、どうするべかいな......















一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




スポンサーサイト

今年2回目のブルベは300km、そして失敗とお別れ.....



5月19日 金曜日のこと。

翌日のブルベに備えてガーミンにルートをセットするために

パソコンにUSBケーブルで接続した時に事件は起こった。
20170522 01


これってなあに?


ガーミン本体の接続端子を覆っている金具がすっぽ抜けて

ケーブルにくっ付いております.......

まあ、充電も出来てるし、ケーブルをちょこちょこと触れば

充電も始まるから問題ないわね。





そして翌日。

今年2回目のブルベは300km。
20170522 02



PCは5箇所。通過チェックは8箇所。

ほぼ半分以上が街中を走るコースです。

南下して神奈川県との境を走りつつ、都民の森から風張峠、

埼玉との境を通過してと東京の端っこを時計回りにぐるっと一周するコース。



今回の相棒。

トレック”アルミ”マドン。
20170522 03

カーボンマシンがあるにも関わらず、アルミで走りますよ。

以前はコヤつでガシガシ走っていたので大丈夫。

装備はオルトリーブとトップチューブバックで準備。


そしてハンドル回り。
20170522 04


GPSとしてガーミン。

通常のサイコン。

そしてキューシートとしてのコマ図。


今回は7時スタートの制限時間は20時間後の翌日曜日の午前3時。

スタートしてまずは南下して羽田方面へ。
20170522 05


20170522 06


前半戦のコースはよく知っている場所ですのでスイスイと進みます。




21.3km地点 AM8:13。1つめの通過チェックの羽田大鳥居到着。
20170522 07


写真を撮って通過チェックの証拠完了と。


その後は多摩川沿いを西へと。
20170522 08


20170522 09


この近辺も出掛ける際に乗っている普段コース。

なんの迷いもなく突き進みます。



このブルベ、街中コースなのでキューシートの指示Noも170と以外と多く、

10m走ったら左折、そして50m行ったら右折となかなか難しい。

住宅街近くを走ったりとか。
20170522 10




50.6km地点 AM9:47。PC1到着、貯金46分。
20170522 11



早速、ガーミンに充電を開始。
20170522 12


そして人間も充電開始。
20170522 13


土曜日の東京、既に夏の暑さです。

ジリジリと照りつける太陽で走行中にボトルの水を被るほど。

一定のペースで坦々と走らないと、ヘタってしまいます。

なんせ、100km走ってから風張峠も走らないといかんし。



しかし、前途多難な事が起こるのがブルベ。

暑さに加えて街中の渋滞に捕まって益々ペースダウン。
20170522 14


暑さに渋滞に排ガスのトリプルコンポが徐々にダメージとなっていきます。





63.9km地点 AM10:55。2つめの通過チェックの成瀬駅到着。
20170522 15


写真を撮って通過チェックの証拠完了と。


ここからは上り基調。

相模原から八王子を通過してあきる野市へと進みます。
20170522 16


20170522 17





105.1km地点 13:14。PC2到着、貯金46分。
20170522 18


早速ここで人間よりも先にガーミンに充電を。

今回のブルベ、完全に頼りはGPSガーミンのみ。

ガーミンがバッテリーアウトとなったらお手上げです。


しかし....

ここで事態が急変することに。

いつも通りにガーミンの充電口にケーブルを

接続するも、どうしても充電してくれない。

何度かやり直してもダメ。

時間だけが刻々と過ぎて行きます。

到着していたランドヌールは一人、また一人と出発。

そして段々と焦りだす.....



ガーミンに何が起こったのか?
20170522 19


まず、充電箇所の金属パーツが外れる。

そして内部の充電端子が固定されていなくて動き回る。
20170522 20


そして焦っていてケーブルを何度も抜き差ししていたら

充電端子が完全に破壊されることに......
20170522 21


この時、パッテリー残69%、残距離は約195km

ド平坦ならまだしも、これから山を上り、更に市街地を走らなければなりません。

どうみても市街地区間は夜の走行。

キューシートも準備していますが、あくまでも頼りはGPS。

キューシートを照らすライトなんて何も用意してません。


とりあえず、キューシートを頼りにして行ってみようと進むことに。


そしてPC2出発は制限時間の10分前の13:50出発。

ここから先は都民の森、風張峠、奥多摩湖とよく知っているコース。

が、流石につらいのでのんびりと走ります。

途中でどうしても炭酸飲料が欲しくなって休憩。
20170522 22

速度一けたでひたすらのんびりと走ります。




135km地点 16:32。3つめの通過チェックの風張峠到着。
20170522 23


そのままガーっとダウンヒル開始。



167.2km地点 17:43。PC2到着、貯金25分。
20170522 24


この地点でガーミンバッテリー残は46%。

東京地方の日暮れは確か19時前のはず。

ここからどこまで距離を伸ばせるか。



そして出した結論は......

GPSオフ。
20170522 25

キュ-シートだけで走ってみよう。

幸いな事に距離計測用のサイコンはあります。

が......

しかし........

どうしてもミスコースしてしまう。


それでも何とか完走したい!

コンビニによってガムテープを購入。
20170522 26


スマホをサイコン代わりにしてルートラボの画面を表示させて、

トップチューブバックにスマホをガムテ止めして走ることに。

しかし、最近のスマホってある程度経ったら画面が

スリープしてしまうのでこの方法もうまく行かず。


そして完全に日が暮れました。

日が暮れるとどうなるか?
20170522 27


何も見えんw

キューシートも距離サイコンも何も見えんww

それでも前を走るランドヌールを追いかけて走ったりもしました。

が、それでも限界は徐々に近づき、そして.......



200.1km地点 20:20。残り100.3km。

次の通過チェックまで2.9km地点の多摩湖近く。

20170522 28


残り約100km。バッテリーはとても持ちそうにないガーミン。

しかも充電が出来ないのでバッテリー切れとなったら、再起動出来ないガーミン。

そして、手元真っ暗で何も見えないキューシート。

幸いな事は、ここから自宅に直行した場合のルートはよく知っいる道。

ガーミンやスマホで地図を見なくても帰れます


悔しいかな、決断の時。

「リタイアします」

電話で連絡して、これでおしまい。



「もし、○○してれば」「もし、○○だったら」

タラレバは言っても、考えても仕方のない事。

しかし......

・ガーミンが壊れていなかったら

・充電回りのトラブルが発生するのが1日遅かったら

・ハンドル回りを照らす照明を準備していれば

色々と思いはあれど、最終的には自分の責任。

ただ一つ言えるのは”全ては準備不足”の一言に尽きます。



その後30分程、気持ちを落ち着かせてから帰る事に。

本来走る事のない場所を通って帰宅の路へ。
20170522 29





因みにキューシートで走ろうと考えた時のこと。

ハンドル回りがどう見えるのか?


多少なりとも街灯があった場合。
20170522 30



全く明かりが無い場合。
20170522 31


うむ、全く見えんww

ちょこちょこ下向いて走って前見なかったら事故にもなり兼ねないな。





300kmブルベにも完走できず、ガーミンは壊れると散々な結果で終わった週末。

まずは、ガーミンどうするかな.....

20170522 32


20170522 33


20170522 34








一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





ガーミン、なんで病気になるん?.....




ガーミン エッジ520。
20170521 01



英語でしか話せないヤツです。

去年の秋に次男坊としてデビューしました。
20170521 03




ガーミンを持ち始めたのは2013年の12月から。

最初は長男坊のガーミン500。
20170521 02


コヤツも英語しか話せませんでした。


長男はがんばり屋さんでした。

大雨の中を一緒に走ったり
20170521 04


真夏の日差しの中を走ったりと。
20170521 05



しかし、長男は婿養子に行く事になり、今は次男坊がメインです。
20170521 06




そんな次男坊ですが、4月に一度、意識が飛びました。

ラップ更新を5km単位で設定をしていて、5km毎に「ピロン」と音が鳴るのですが

ガシガシと走っていたときの事。

ふいに「ピロン」と音が鳴が鳴りました。


ふと、目線を下に向けると............

あら大変、次男坊が意識が飛んでます。

再起動してますww





よく「再起動した」「バグった」と聞く事があったのですが、

「自分には関係ないねー」と思ってました。うちの子に限ってそんな事はない、と

自信を持っておりました。しかし、うちの子もとうとう発病してしまう事に。

この病気の処方箋は過去ログを取り消す事と教えて




そしてもう一つのケガ?も見つかりました。

メシを食わすためにケーブルを繋いだところ......

どうも接触不良で充電が上手く出来ません。


気のせいか、端子が曲がっているような........



ここにケーブルを繋ぐも、上手く接続できない時があるのです。

差込口をそ~っと触ってあげないと、メシを拒絶するのですw



オオマジメに参っております。

今までトラブルなんて何もなかったのに、4年目にして色々と降りかかってきました。

しかもこのガーミン、安さに目が眩んで海外の通販サイトから仕入れたばっかりに

修理に出す場合は英語でメールを作らんといかんのです。


英語力?


そんなものはない(。-`ω´-)キッパリ!!


優しく優しく触ってやれば問題ないから良いかな......





が..........

この病が後に大変な事態を招くことになろうとは、

この時気付く由もなかったのです。










一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




ままんどーんと、どどんまーね、ここに来て迷いだす.....




週末の土曜日はちょっとお出かけ。

ちょっくら、300km程走ってきますね。
20170518 00





早速、300km走るための準備開始。
20170518 01


ラミネートマシンを準備。
20170518 02


フィルムも準備。
20170518 03


各チエックポイント毎にB5サイズに印刷したものをラミネート。
20170518 04




全部で8枚のキューシートが完成。
20170518 06



裁断機で半分の大きさにカット。
20170518 07



そしてキューシートの取り付けも。
20170518 08

「ままんどーん」号完成!


ガーミンにルートは放り込んでいきますが、

それでも何かあった時にはキューシートが唯一の救い。

これで準備はオッケー!!



ここまでは水曜日の夜の事。

明けた木曜日のお昼の仕事中にふと思う......

「今回の距離って300kmだよね」

「300kmって過去にも走った事あるよね」


以前に300km走った時の装備。
20170518 09


サドルバッグにオルトリーブのLサイズとトップチューブバッグ。




そして今回の300kmの装備。

サドルバッグにオルトリーブ
20170518 10



ダウンチューブの下にもボトルゲージ
20170518 11



そしてフロントバッグ
20170518 12



なんか装備、多過ぎないか??
20170518 13


これ、300km以上走る時の積載量だよな。





300kmだよねえ...........

(´ε`;)ウーン…

なんか、どどんまーねでも良くねえか......
20170518 14




うーん、どうしよう、どうしよう.......


急に迷い始めた木曜日の夜8時半の出来事です。

スタートまで残すところ35時間。


さあ、どうする? どうする?







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


衣替え in どどんまーね.....




5月です。

昼間はもう夏です。


夏と言うと.......


山だ!



海だ!!



そして......ツーボトルだww
20170517 01


今まではワンボトルで十分だったのですが、

流石に夏場ではワンボトルは厳しい。


2016年ツーボトル仕様どどんまーね。
20170517 02

ダウンチューブ下にボトルゲージを増設。

そして寒くなって来る頃にこのゲージを取り外して

シートチューブのゲージにツールボトルを突っ込んで走りまくる。


で、2017年問題。

「今年、どうしよっか?」

去年まで使っていたダウンチューブ下のボトルゲージはままんどーん号に移植。
20170517 03




という事で、2017年仕様を模索する事に。
20170517 04



まずはコレ。
20170517 05

エリートのボトルゲージクリップ。

去年と同じく、ダウンチューブ下に増設してやろうと言う考え方。



そして今年のお初アイテム。
20170517 06

ミノウラのボトルゲージホルダー。

こうやってサドル下にくっ付きます。
20170517 07

これだと更にツーボトル増設可能で、合計ファイブ・ボトル増設する事に。



早速、ボトルゲージクリップを取り付け開始。
20170517 08

ところがどうにも位置が定まらない。

滑り止めのテープをフレームに巻いて締めあげても動いてしまう。

「こいつは締め方が弱いんだな.....」



ぐいぐいとあらん限りの力で締め付けた時の事。

「バチン!!」


あ、切れたww
20170517 09


20170517 10


20170517 11






仕方ない、こうなったら.........

20170517 12


20170517 13


20170517 14


2017年仕様どどんまーね.......

でも....何か想像と違うんだな......












一応、ランキング参加中でございます。
↓宜しくお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ